THE EPOCH TIMES

四川大地震:被災地ミルク不足、乳幼児瀕死状態

2008年05月20日 07時37分
 【大紀元日本5月20日】
生まれてわずか13日の赤ちゃんを見つめる救助された高丹さん(左)(AFP)

四川大地震による被災地は、19日で8日目に入り、瓦礫の下に埋もれた人々の生存が危ぶまれる中、食料や粉ミルクなどの救援物資が届かず、多くの乳幼児が瀕死状態に陥っている。

 生存者によると、被災地には乳幼児用の粉ミルクがないという。また、水も不足しているため、オムツを替えられない乳幼児がオムツかぶれになっている。

 汶川県映秀鎮のヘリコプター臨時飛行場では、ある老人が生まれて20日足らずの孫を送り出すときに、現場関係者と言い争いになった。老人はメディアに対し、母親は母乳が出ず、赤ん坊は2日間水しか飲んでいないと訴えた。都江堰から映秀鎮へ続く路上では、避難する一部の親たちの乳幼児が瀕死の状態に陥っている。

 虹口の潅口鎮建興社区および幸福鎮の救援物資配布センター関係者によると、ここ数日間、救援物資の中には乳幼児用の粉ミルク、オムツなどのベビー用品や、女性用サニタリー用品の供給はないという。

 *放置されたままの救援物資、被災者に届かず

 情報筋によると、都江堰被災地の救援物資配布センターでは物資が山積みになっているが、16日の統計によると、ミルクの在庫数はわずか670個しかないという。

 救援にあたる関係者によると、需要のある場所が分からないため、物資の配布率は非常に低いという。物資配布センターは、物資が必要な場所をいち早く知らせるよう、被災地に駆けつけるボランティアたちに呼びかけている。

 情報筋によると、中国各地および海外から空輸されてきた300トン以上の救援物資は、四川省の空港に置かれたままだという。

 
(翻訳/編集・余靜)


関連キーワード

関連特集

^