印刷版   

3年連続「世界で最も影響力のある女性」に選ばれたメルケル独首相(Getty Images)

メルケル独首相、3年連続「世界で最も影響力の女性」に=フォーブス

 【大紀元日本8月31日】米国フォーブス誌が選出した本年度の最も影響力のある女性に、ドイツのメルケル首相が選ばれた。2005年首相就任以来3度目のランクインである。ライス米国務長官は昨年の第3位から第7位に後退した。

職務の実績のほか、メディアと経済への影響力も評価の基準となっているという。フォーブス誌はメルケル首相の当選について、「ドイツ政府の女性指導者として欧州全体を率いて経済の飛躍を実現させ、国際争議の解決にも成果を挙げている」と説明した。

 同首相はこれまでに、中国と外交姿勢や、ダライ・ラマとの会談、ジンバブエのムカベ政権の人権弾圧への非難などが評価され、「ユーロをグロバル金融マーケットで主要な存在をさせた」など、国内の経済・政治改革の実績も認められている。

 今回のランキング・トップ10には、政治家は同首相とライス国務長官2人だけ。100位までは、実業家は54人、政治家と芸能関係者はそれぞれ23人。

(翻訳・編集/葉子)



 (08/08/31 21:29)  





■関連文章
  • 訪仏のダライ・ラマ、大統領夫人と外相と会談(08/08/24)
  • ダライ・ラマ、民主活動家らと会談=フランス(08/08/22)
  • 五輪開催中もチベット人は虐待されている=ダライ・ラマ(08/08/18)
  • 中共の孤立希望しない=ダライ・ラマ(08/08/15)
  • 中国当局の愛国教育に不満、僧侶自殺=チベット自治区(08/07/29)
  • 台湾・馬英九総統:統一は強要しない、独立は自然に任せる(08/07/17)
  • ダライ・ラマに学位授与で中国に謝罪?英国の大学が否定(08/07/14)
  • 欧州議会決議案、中国人権問題を非難(08/07/12)
  • オバマ氏、ブッシュ大統領五輪参加を非難(08/07/11)
  • ジンバブエ制裁:米議員ら、中国当局の反対を懸念(08/07/04)
  • IOC:中国当局へ、政治とスポーツを分けるよう要求(08/06/28)
  • 五輪報道自由の約束不履行で、中国当局を非難=国境なき記者団(08/06/27)
  • チベットラマ僧に「愛国主義試験」合格を義務化(08/06/17)
  • 対話後もチベット人逮捕、洗脳教育強化も(08/05/10)
  • 中国:ダライ・ラマ特使との非公式協議 進展なく再度の対話で合意(08/05/07)