THE EPOCH TIMES

スペイン法廷の判定:「歴史的な進展」=カナダ元外務省アジア局長

2009年11月30日 06時29分
 【大紀元日本11月30日】スペイン国家法廷で、中国前国家主席江沢民など5人の中共高官が「ジェノサイド」および「拷問罪」で起訴された案件について、25日、前カナダ外務省アジア局長のデービット・キルガー氏は、本紙のインタビューを受け、「極めて意義深い進展」と述べた。

 迫害に関わる犯罪者は出国不能

 「世界各国のメディアはすでにこの事件を報道している。一定の期間内に法廷が関係者から応答を得られなければ、法廷は告訴された5名の中共高官に指名手配状を出す。中国前国家主席が起訴されることは、本当に歴史的な進展だ」。スペイン法廷の判定の意義について、キルガー氏は、こう語った。

 また、他国で起こされた江沢民への訴訟案件について、「私が知っているかぎり、スペイン法廷のほかに、アルゼンチンの法廷も江沢民に対する訴訟案件を受理することを検討している。最終決定を打ち出していないが、受理の意志を示したこと自体が大きな進展だ」

 「遅かれ早かれ、中国政府には分かることだが、法輪功への迫害に関わった犯罪者はもはや永遠に出国不能となる」

 中共体制に刺された釘

 「こういった告訴はみな一本一本の釘だ。これらの釘は中共の棺に刺されているとまで言わなくても、中共の体制に対して、いずれもそれなりの作用を果たしている。最終的には10年間にわたる法輪功への迫害が止められることになるだろう。もうこの迫害が食い止められるべき時期に来ている」とキルガー氏は予測する。

 まもなくハーパー首相が中国を訪問することについて、中国の人権問題についてカナダの立場を堂々と表明する機会だと、キルガー氏は見ている。

(記者・梁耀、翻訳編集・小林)


関連キーワード

関連特集

^