印刷版   

雄牛1千670キロを記録して新牛キングに(ネット写真)

体重が1千670キロに達した新牛キング誕生=イギリス

 【大紀元日本1月4日】

 イギリスの農業博覧会(Fatstock agricultural show)において、「フィールド・マーシャル(The Field Marshall)」と名づけられた牛が体重1千670キロで、前キングの1千588キロの記録をぬりかえた。

 「フィールド・マーシャル(The Field Marshall)」の飼い主Duckett氏によると、この巨大な牛は一日に78キロの餌を食べる。特にオートムギ、大麦、ジャガイモ、甜菜や干草が好物である。「フィールド・マーシャル」は体重は重いが決して太っているというわけではなく、「全身が筋肉」である。そして、まだ8才と若いため体重は増え続けるだろう。

 Duckett氏は「私は彼をもっと大きくすることができる。しかし、彼をグロテスクにしたくない。自然に体重を増やしてほしいから、彼を室内ではなく外で育てるのです」と言う。

 現在ギネスに世界最大の牛というカテゴリはない。なぜならギネスは、動物に過剰に餌を与え大きくする行為をしてほしくないからである。以前の英国記録は1830年の2千32キロの牛である。

(翻訳:鈴木真弓)


 (10/01/04 04:00)  





■関連文章
  • イギリス人、中国で処刑 精神鑑定要求中 英首相が非難声明(09/12/30)
  • 巨大コンテナ船 深刻化する排気汚染(09/12/14)
  • 科学技術ギネス記録トップ10(09/11/28)
  • アフタヌーン・ティーの由来=イギリス(09/11/19)
  • 髪の毛で2階建バスを引っ張り、ギネス世界記録更新=英国(09/11/17)
  • 【フォトニュース】身長56センチの18歳、ギネス申請=ネパール(09/10/25)
  • 9月30日は、牛乳の日(09/10/06)
  • 未来志向の「立ち乗り」できる飛行機 (09/09/27)
  • 催眠術で、テレビ前の100万人が金縛りに=英国(09/09/24)
  • 酪農家らがストライキ、価格の長期下落に改善を求める=EU(09/09/23)
  • 珍しい「二重の虹」、幻想の世界へタイムスリップ=イギリス(09/09/02)
  • 女性社員は男性の上司を好む=英調査(09/08/26)
  • 1500人ダイビング!インドネシア独立記念のお祝いにギネス記録ぬりかえ挑戦(09/08/16)
  • 欧州議会副議長、「臓器狩り」記者会見=英国(09/05/08)
  • 鯉幟りで町興し、端午の節句で5000尾=群馬県館林市(09/05/03)