印刷版   

ザップ家族(YouTubeより)

世界中を車で旅する夢の家族

 【大紀元日本4月5日】2000年1月、ハーマン(Herman Zapp 、42才)とカンデラリア(Candelaria Zapp 、40才)ザップ夫妻は、1928年型のクラシックカー、グラハム・ペイジ(Graham Paige)に乗り、故郷のアルゼンチンを離れて北米の最北の地アラスカへ向かった。長年の夢である北米大陸横断を実現するためだ。

 アラスカにたどり着くと、2人の旅の目的は変わった。2人が最も興味があるのは「人間」で、旅を通じて素晴らしい人々に出会いたいと思ったのだ。半年の旅の予定が数年になり、旅の途中で4人の子供に恵まれた。2番目のテフエ君(Tehue 、5才)は地元アルゼンチン生まれだが、パンパ君(Pampa 、8才)はアメリカ、パロマちゃん(Paloma、3才)はカナダ、末っ子のワラビー君(Wallaby 、1才)はオーストラリアで生まれた。

  一風変わった家族の旅には、たくさんのすばらしい出会いが待っていた。2人が道中に綴った本『Atrapa Sueños、(Dream Chaser)』、『夢を咲かせて(Spark Your Dream:A Family Driving Around The World )』は、たちまちベストセラーとなった。本の売り上げは旅費に充てるという。

 彼らの旅はいつも順調だったわけではない。カンガルーしか住んでいないような砂漠で燃料がなくなり、少なくとも後500キロの道程にガソリンスタンドが一つもないという状況に陥ったこともある。その後は船で車をニュージーランドに移し、旅を続けたという。

 一家は今、フィリピンにいる。アジアの18カ国を回るために、準備を整えている。彼らは既に、10年間も旅している。彼らの車はボロボロだし、資金も十分ではないかもしれない。しかし、ザップ夫妻が書いた体験談を読むと、そのほかにもっと大切なものがあることが分かる。それは夢を持ち、実現しようと努力すること。ザップ夫妻と4人の子どもたちは、今も旅を続けている。


(YouTubeより)

 (翻訳編集・山崎)

 (11/04/05 07:00)  





■キーワード
愛車    家族  旅行  


■関連文章
  • 流血弾圧から3年 チベット観光ツアー全面禁止 (11/03/10)
  • 英国バイリンガル子育て奮闘記(77)5年制の中学校(11/03/07)
  • 携帯電話で市民の行動を監視 抗議活動を絶つためか(11/03/05)
  • 英国バイリンガル子育て奮闘記(76)日本の国内旅行(下)(2000年春)(11/02/28)
  • 台湾ツアー代金150億円、中国旅行業者が未払い(11/02/26)
  • 間違いメールから知った家族の愛=中国編(11/02/25)
  • 英国バイリンガル子育て奮闘記(75)日本の国内旅行 (上)(2000年春)(11/02/21)
  • 世界を買い込む 中国大陸の観光客(二)(10/09/19)
  • 世界を買い込む 中国大陸の観光客(一)(10/09/18)
  • 中国黒龍江省で旅客機墜落、43人死亡(10/08/25)
  • 中国富裕層、米国出産ブーム  「米国人」を生むため(10/08/04)
  • 気をつけよう!「世界の詐欺の手口」トップ10 (10/06/08)
  • 絶対に食べてみるべき世界の料理 米経済誌フォーブス(10/05/20)
  • 姉の連行から3カ月 東京在住の中国人妻、屈することのない救出活動(10/05/18)
  • ナビ付きカメラ、海外旅行の楽しみ倍増(10/05/05)