ロシア・ウスリーベイ ガラスのゴミが美しく変身

2017年02月19日 07時00分

 ロシア東部沿海地方のウスリーベイ(Ussuri Bay)に、光り輝くガラスビーチがあります。

 ここはかつてガラス瓶と陶磁器製造工場のゴミ捨て場だったと言われていますが、ガラスのゴミは河川によって運ばれてきたという説もあります。

 由来はともかく、海水の浸食によって大小異なる形に削られたガラスがカラフルな色でビーチ全体を覆っています。地元住民や観光客に愛され、政府によって保護されています。

 ガラスビーチが最も美しいのは冬。雪とガラスが織りなす美しい景色をご覧ください。

 

Yulyaさん(@ula1673)がシェアした投稿 -

 

(翻訳編集・豊山)

関連キーワード
^