THE EPOCH TIMES

苦労せず禁酒禁煙に成功 ある弁護士の物語

2018年08月14日 22時00分

名誉、金銭と幸せな家族は人生のすべてなのだろうか。このすべてを手に入れた韓国の李惇栄弁護士は、なぜか時々「空虚感にさいなまれる」と言う。一人になった時、「無限に広がる宇宙で微々たる私は、死後何も残らず全部消えたとしたら、どんな恐ろしいことか」とよく考えていた。

この空虚感を埋めるために、たくさんの本を手に取り、特に信仰に関する本を読み漁っていた。そのため、同僚は彼を「道士のような弁護士」と呼んでいた。しかし、心が満たされることはなかった。

偶然の続きのあとは…

2004年頃、李惇栄は大韓法律救助公團大田支部に転職した。そこでいくつかの「偶然」に遭遇した。ある日、友人が彼に「あなたが絶対興味を持ちそうなものを発見したよ」と言った。紹介されたのは「法輪功」という気功。同じ時期、彼は裁判所の近くで、気功をやっているグループを見た。聞いてみたらそれは「法輪功」だという。また別の日に、同僚から小冊子をもらったが、それも法輪功に関するものだった。次々と出会った偶然に、彼は必然を感じた。すぐに法輪功のホームページを開いた。

「法輪功の主な著書『轉法輪』を読み始めた瞬間から引き付けられた。本に穴が開くほど読んだ。睡眠の時間も無駄であると感じた。普段一生懸命に考えても解けなかった問題なのに、『轉法輪』を読んで目から鱗が落ちた。いつの間にか心がどんどん豊かになってきた」

禁煙、禁酒の成功

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^