大紀元時報
昼顔(ヒルガオ)

カホバナと詠まれた花 昼顔

2019年02月16日 20時49分

日本全土の野原や道端などに自生するヒルガオ科の多年草の蔓草。地下茎を四方に延ばして繁殖し、卵形の苞葉が萼の左右についた漏斗状の薄桃色のかわいい花が咲きます。万葉人にも愛されたようで、カホバナと詠まれています。

「高円の野辺の容花(カオバナ)おもかげに 見えつつ妹は忘れかねつも」(作:大伴家持)


同じ仲間にハマヒルガオ、西洋種には西洋ヒルガオがあります。

(編集・望月 凛)

 おすすめ関連記事:「槿花一日自為榮」槿の花は一日でも自ずと花盛りとなる

 

関連キーワード
^