大紀元時報

ご主人様の留守中に自撮りしたハスキー犬のおとぼけ画像がネットで話題

2020年02月23日 15時47分

インターネットでは、自宅でかわいい犬、特にシベリアン・ハスキーに関する面白い話を共有しているネット民がよくいます。マレーシアのあるネット民は外出したときに携帯電話を持参するのを忘れたときのことを紹介しました。彼女のシベリアン・ハスキーは何をしでかしたのでしょうか?

非常にユニークな2歳のハスキー犬、ベイリーを飼っている彼女はベイリーのいたずらにいつも笑わされたり泣かされたりです。彼女は一人で楽しむのは良くないと思いFacebookページを開きました。 「ベイリーの好き嫌い犬生」は、しばしばベイリーの面白い話をシェアしています。

 

ある日、彼女は忙しく、急いで外出して、携帯電話を忘れて出かけました。仕事が終わって、家に着いて彼女は携帯電話を探しました。ようやく見つけだし開いてみると、そこにはとってもおかしな20枚もの我が愛犬の顔の写真が…それをみた飼い主は大爆笑しました。

彼女はこの写真をFacebookに投稿しました。

 

彼女は写真に台詞をいれました。「これは私の叔父です、とても素敵に写ってるでしょ」。この写真は多くのネット民の笑いを誘いました。「とてもかわいいね」、「(SNSの)スタンプになれる」、「本当に賢い」、「とても笑える」、「超かわいい」、「可笑しくて死にそう」

入浴が大嫌いなハスキー

 

タイのあるネット民が飼い犬を抱えてプールに立ってます。このハスキーはずっと身体をねじりもがき奇声をあげて、身体を洗おうとする飼い主に「いやだ〜」と訴えています

この1歳のハスキー犬、小猪は飼い主のボム・ワッタナが週に1回入浴することをとてもいやがります。あまりにいやがるので、ワッタナはと小猪一緒にバスタブにはいって小猪を洗おうとしました。

しかし小猪はどうしてもいうことをききません。「お風呂は嫌! 助けて! ここから出して!!」
でもお風呂に入りたくないのは小猪だけではありません。YouTubeには最後まであがいているハスキーの動画がたくさんあります。これらの超かわいいハスキー犬は多くのネット民を爆笑させましたが、一方、ネット上では議論を呼んでいます。

一部のネット民は、犬の入浴拒否に疑問を示しました。彼らは、犬は生まれつき水泳は得意だと言います。彼らが上手に犬かきする姿を見てください。なぜ彼らは入浴にそれほど抵抗しているのでしょう? 

犬が入浴を好まない場合はどうしたらよいでしょうか? 専門家の意見を聞いてみましょうか。

獣医の意見

犬の入浴について獣医のリアン・ヘジェンさんは次のように提案しています。

・産まれて2カ月は入浴しないでください。
この時点では予防接種を受けていないため、抵抗力が弱く、風邪をひく可能性も高いため、入浴を開始する前、ワクチンを投与してから約一週間待ちます。

・あまり頻繁に入浴しないでください。
毛が短いの犬で悪臭を放たない場合は、月に一度程度洗ってください。

・犬固有のバスエッセンスを使用します。
犬の肌は中性ですが、人体のバスミルクは酸性なので使用すると、犬は刺激やかゆみの影響を受けやすくなります。 


また専門家は、ハスキーだけでなく、さまざまな種類の犬が入浴を好まないといいます。

専門家のアドバイス

・犬は匂いに敏感で、なじみのない匂いが好きではありません。入浴など匂いが変わるものは好きではないため、ほとんどの犬は入浴に抵抗します。

・専門家によると、ある犬は入浴に抵抗しませんでしたが(子供の頃から身体を洗うことに慣れていたため)、シャワーを浴びてから体を乾かし、転倒して巣に戻りました。それはただ体臭を取り戻したいだけで、汚いのが好きだと思って、それを責めたり、叱ったりしないでください。それは間違っています!

・臭気の少ない(芳香の少ない)クリーナーを購入するのが最善です。犬の種類に関係なく、それはやむを得ないもので、犬を飼いたいのであれば、犬の匂いも負担しなければなりません。

 

(大紀元日本ウェブ編集部)

 

関連キーワード
^