大紀元時報

まるで生きた宝石のよう 「アメジスト色のムクドリ」

2020年10月04日 15時14分
この画像はトリミングされています(チャールズJシャープ/ CCBY-SA4.0)
この画像はトリミングされています(チャールズJシャープ/ CCBY-SA4.0)

アメリカのバードウォッチャーなら、ヨーロッパムクドリ(ホシムクドリ)をつやつやした光沢のある羽毛を持つ鳥として認識しているかもしれないが、アフリカに生息する仲間の鳥がどれほど美しいかは想像もしていないだろう。

アメジスト色のムクドリとしても知られるシロハラムクドリは、欧米の仲間たちとはかけ離れた世界で暮らしている。サハラ以南のアフリカの森林やサバンナに生息するこのユニークな鳥は、紫色の宝石のような姿をしている。

ピラネスベルフ国立公園に生息するシロハラムクドリのオス(Derek Keats/CC BY 2.0)

 

(PACO COMO/Shutterstock)

シロハラムクドリはムクドリ科の中で唯一Cinnyricinclus属に分類される性的二形の鳥だ。紫色やアメジスト色と表現されるその美しい羽色はオスにだけ見られる。

メスはツグミに似た褐色をしている。Cinnyricinclus という名前は「タイヨウチョウ」と「ツグミ」の組み合わせとして翻訳される。

オスの頭や背中、側面は虹色の羽で覆われており、明るい紫色が真っ白なお腹と真っ黒な尻尾によって見事に引き立てられている。

シロハラムクドリは他のムクドリ科の鳥たちと同じ雑食性で、さまざまな果物やベリー、昆虫を常食とする。木の上にいることを好み、長時間、地面に降り立つことはめったにない。

南アフリカのクルーガー国立公園近くにあるサビサビロッジによれば、彼らの大好物はシロアリの群れだという。他のムクドリと共通する特徴の1つは、他の鳥の巣を乗っ取り、卵を孵化させてエサを与えてもらう能力だ。

ナミビア、ダマラランドに生息するシロハラムクドリのメス(Charles J Sharp/CC BY-SA 4.0)
ナミビア、ダマラランドに生息するシロハラムクドリ(Charles J Sharp/CC BY-SA 4.0)

通常は性別ごとの群れで行動するが、春になるとオスとメスが対になる。シロハラムクドリは一雄一雌であり、夫婦は生涯を共にする。巣に関しては川岸の穴を使うこともあるが、安全な樹洞やフェンスの支柱をより好む習性がある。

巣に産んだ2~4個の青色の卵を温めるのはメスだけで、オスは雛鳥のためにエサを運んで来る。

大人のオスでも18センチ程と体の小さなシロハラムクドリだが、渡りの範囲は広い。冬の間は赤道に向かって北に移動し、西はセネガルから東はタンザニアでも目撃される。春になるとアフリカ南部へと戻ってくる。

国際自然保護連合(IUCN)によればその個体数は減少傾向にあるものの、近い将来、絶滅に瀕する見込みの低い「低危険種」に指定されている。

(大紀元日本ウェブ編集部)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^