大紀元時報

【紀元曙光】2020年10月3日

2020年10月10日 03時34分

食文化というと少々硬い。要するに「昔から食べてきた」ということだ。
▼日本食は、ヘルシーということで海外でも歓迎されるらしい。そう言われるのは嬉しいが、日本食だって食べすぎれば見事なメタボになる。
▼20年ほど前に、福岡から東京まで格安の夜行バスに乗ったことがある。座席は、もちろん日本人の体格に合わせたサイズだ。そこへ乗り込んできたのは、力士のように肥って大きい外国人バックパッカーの男女。困惑の表情で、せまい通路をとおって最後部の席へいったが、いくら格安とはいえ、あれは無茶というものだろう。
▼日本人は、新鮮であることを前提に、生ものを食べる。寿司や刺身ばかりではない。生卵をかけたご飯を、無上のごちそうとしている。小欄の筆者も、おそらく過去の人生で2万個ほどの生卵を消費してきただろうが、今は信仰上の理由から、動物性の生ものは口にしない。とくに生肉は、魚介もふくめて厳禁である。
▼ときに中国人は「四つ足のものは、テーブル以外何でも食べる」などと、その食欲の旺盛さを自慢したりするが、基本的に「加熱調理したものなら何でも食べる」の意味である。また、中国料理の調理法はそれができる、ということを言いたいらしい。
▼生のカニを大量に食べて、寄生虫による病気になった中国人女性がいたという。「健康増進」のためというが、もちろん中国人だって、通常こんな無茶なことはしない。つまり、何かが狂って、人間の食事ではなくなってしまったのだ。特殊すぎて普遍化できる例ではないが、今の中国では、何が起きても不思議ではない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^