大紀元時報
出会いを求めて

デートアプリは大丈夫?!失敗しない6つのリマインド

2021年5月31日 19時49分
photoAC
photoAC

デートアプリがここ数年、青少年コミュニティの中でかなり活発に行われているのは、一部の青少年が理解されたい、自分の感情を表現したいと切望し、ネットを介していることが最も安全で迅速な方法だと考えているからです。また、シャイで内気な青少年の中には、ネットでの出会いで「認められた」と感じて友だちになり、心理的な欲求や社会的な満足感を得られる人もいます。

ネットは交友の一つの選択肢であり、ネット自体に問題はありませんが、問題は利用者自身の心の持ち方です。ネットでの出会いは知能を試す心理ゲームですが、賢く安全にネットを使えば、社会的な輪を広げることができますし、楽しいこともあります。しかしここで青少年の皆さんには、マッチングアプリを利用する際にはよからぬ詐欺師に注意して、マッチングの罠に陥らないようにしましょう!

そこで、デートアプリを使って知っておきたい6つのリマインダーをご紹介します!

1、Facebookなどの友達が共通しているマッチングアプリを使って、友達の輪の中で適切な人を探すと、より安全に探すことができます。

2、プロフィールを精査し、夢のような写真に目を奪われるのではなく、時間をかけて相手の背景や趣味などを把握し、その人の性格が本当に自分に合っているのかどうかを分析し、その人のプロフィールが真実とは思えないほど完璧であるかどうかを考えてみましょう。

3、ネット交友の世界では、自分の直感を信じましょう。もしあなたが誰かが完璧すぎて真実ではないと思っているなら、真実はおそらくあなたが思っている通りなのです。

4、Googleをうまく使う。 マッチングアプリで出会うためには、Googleは間違いなく良いパートナーです。 対象となる人物の写真や経歴を検索することができます。例えば、LinkedInで彼の経歴情報を確認し、提供された情報が真実であるかどうかことを確認します。

5、積極的になりすぎないようにしましょう。 相手の本当の姿を知る前に、第一印象で恋に落ちてはいけません。早く交際を始めたり、約束したりしないで、何度か会って、時間をかけて相手を深く理解してから決めます。

6、友人と情報を共有することもよいでしょう。友人たちはあなたのことを知っており、観察者として、あなたよりも早く警告のサインを見ていることが多いので、早めに警告することができます。

最後に一言付け加えましょう。ネットはバーチャルな世界なので、たとえネット上で友達になったとしても、その人が良い人か悪い人かを見分けるのは難しいのです。

 

(編集者 英禎 翻訳 源正悟) 

 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^