大紀元時報

アマゾン創業者ベゾス氏と宇宙へ 約30億円で落札

2021年6月13日 16時29分
ジェフ・ベゾス氏 2019年5月9日にワシントンで開いたイベントでブルー・オリジンの月着陸船モデルを公表(Patrick Semansky/AP Photo)
ジェフ・ベゾス氏 2019年5月9日にワシントンで開いたイベントでブルー・オリジンの月着陸船モデルを公表(Patrick Semansky/AP Photo)

米アマゾン創業者、ジェフ・ベゾス氏が設立した宇宙企業「ブルーオリジン」は12日、宇宙船「ニューシェパード」による初の有人飛行のオークションを開き、一座席が2800万ドル(約30億7000万円)で落札された。

落札者はベゾス氏と同氏の兄弟と共にテキサス州から打ち上げられる、7月20日のフライトに搭乗する。落札者の名前は数週間以内に発表される予定。

ブルーオリジン社の「ニューシェパード」は2015年の最初の打ち上げ以来、15回のテストに成功しているが、人間を乗せての飛行は今回が初めてとなる。

ニューシェパード」の一座席を競うオークションは、1カ月以上にわたるオンライン入札が行われていた。入札額は11日までに480万ドル(約5億2600万円)に達していたが、オークション最終日にはさらに跳ね上がった。ブルーオリジン社によると、159カ国から7500を超える人々が参加したという。

オークションの収益は、次世代へのSTEM教育を推進する、ブルーオリジンの「Club for the Future財団」に寄付される。

ニューシェパード」はカプセル状で最大6つの座席が設置され、各座席には大きな窓がついている。ブルーオリジン社のトップセールスディレクターであるアリアン・コーネル氏は、4人目で最後の乗組員は近日中に発表すると述べた。

宇宙旅行カプセルのイラスト


(翻訳 蓮夏)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^