大紀元時報

【歌の手帳】多摩川に

2021年6月16日 06時00分
大紀元エポックタイムズ・ジャパン
大紀元エポックタイムズ・ジャパン

多摩川にさらす手作りさらさらになにそこの児のここだかなしき(万葉集

歌意「多摩川の清流に、さらさらと、さらす手作りの布のように、この娘はどうしてこんなに愛おしいのだろう」。

万葉集』のなかの東歌(あずまうた)と呼ばれる一群の歌は、東日本の庶民の素朴な生活ぶりを、いきいきと今に伝えています。作者もわからない民謡のような歌ですが、どれもたまらない魅力があります。なかでも名歌として有名なのがこの一首。初夏の明るい日差しの下で、涼やかな目の若者が、愛らしい村娘にうたいかける光景が目に浮かぶようです。

律令時代より、多摩川流域は麻の栽培が盛んであったため、その布が税の一種である「調」に当てられました。現在の調布市の地名に、その名残が見られます。

(聡)

 

(読者の皆様へ)下のコメント欄へ、ご自作の「短歌」「俳句」をお寄せください。歌にまつわるお話も、ぜひお書き添えください。皆様とともに作り上げる、楽しいコーナーにしたいと願っております。なお、狂歌や川柳は、また別の機会とさせていただきます。お待ちしております!

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^