大紀元時報

【歌の手帳】十五の心

2021年6月23日 06時00分
大紀元エポックタイムズ・ジャパン
大紀元エポックタイムズ・ジャパン

不来方(こずかた)のお城の草に寝ころびて空に吸われし十五の心(一握の砂

文学者(研究者ではなく、文学を創作する人)というのは、どうも普通の人間ではなく、多少なりとも「奇」であったり「狂」であったりするものです。

石川啄木(1886~1912)という短命の歌人は、その歌が秀逸であるのとは対照的に、生活者としては全く無能で、友人から借金しまくって生きていた、どうしようもない人間でした。

自分が「人生の落伍者」であるという自覚は、皮肉なことに第一歌集『一握の砂』に見られる珠玉の作品になりました。「はたらけど」のリフレインなどは、まさにそれでしょう。

そんな啄木にも、盛岡城の草に寝ころび空に溶け込んだ15歳の頃があったという、甘美な追憶の歌です。

(聡)

 

(読者の皆様へ)下のコメント欄へ、ご自作の「短歌」「俳句」をお寄せください。歌にまつわるお話も、ぜひお書き添えください。皆様とともに作り上げる、楽しいコーナーにしたいと願っております。なお、狂歌や川柳は、また別の機会とさせていただきます。お待ちしております!

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^