大紀元時報

米国の湖に生息する重さ4kgの巨大金魚

2021年6月19日 20時00分
アメリカ・サウスカロライナ州の湖に、重さ4kgにもなる巨大な金魚が出現しました(写真はイメージで記事の内容とは関係がありません)(工場長 / PIXTA)
アメリカ・サウスカロライナ州の湖に、重さ4kgにもなる巨大な金魚が出現しました(写真はイメージで記事の内容とは関係がありません)(工場長 / PIXTA)

金魚は小型の観賞魚で、通常は数センチしかありません。 しかし、サウスカロライナ州の湖では、体重数キロ、体長30センチ以上の金魚は、金魚界の巨人です。

公園を管理するグリーンビル郡の職員によると、11月16日にオークグローブ湖で行われた魚の個体数調査で、体長15インチ(38センチ)、重さ9ポンド(4キロ)の金魚を発見したようです。

グリーンビル郡公園・レクリエーション・観光局の職員、Ty Houck氏がWYFF-TVに語ったところによると、彼は10年前に行われた湖の管理調査のデータを更新するために、湖の専門家を雇ったとのことです。

ホーク氏によると、専門家は電気釣りによって、魚を傷つけずに意識を保ったまま浮かせ、測定や調査ができるようにしたそうです。

同署はFacebookで巨大な金魚の写真を公開し、「金魚が恋しい人はいませんか?」とコメントしました。

ホーク氏はABCテレビで、金魚の巨大さに信じられない様子で、「この人は基本的に数年間隠れていて、この電気ショックで目が覚めたんだ」と述べました。

ホークは、オークグローブ湖でこの大きさの金魚はこの1匹だけだと確信しています。というのも、彼らは調査を終えたばかりであり、オークグローブ湖は浅いので、この大きさの金魚が他にいたとしても、すぐに目に付くからです。

サウスカロライナ州に生息していない金魚であっても、ホーク氏によると、この金魚は侵略的ではなく、湖で問題を起こすこともないようで、再び湖に放流されました。

ギネス・ワールド・レコーズによると、世界最長の金魚は、2003年3月24日にオランダのJoris Gijsbers氏が計測した47.4cmだそうです。

(責任編輯 茉莉 翻訳 井田)

 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^