大紀元時報

【歌の手帳】御仏なれど

2021年6月24日 06時00分
大紀元エポックタイムズ・ジャパン
大紀元エポックタイムズ・ジャパン

鎌倉や御仏(みほとけ)なれど釈迦牟尼は美男におはす夏木立かな(与謝野晶子

高徳院というお寺の名は思い出せなくても「鎌倉の大仏さま」は皆知っています。明治37年8月の文芸誌『明星』に出たこの歌は、衆目を集めました。

崇敬すべき仏像を「美男」とは、なんとも大胆な発想です。そこが与謝野晶子なのですが、歌を重苦しく感じさせないのは、鎌倉という土地の爽やかなイメージと、明るい夏木立の印象でしょう。

ところでこの歌には、必ず「鎌倉大仏は阿弥陀如来である」と注意書きがつけられます。もしや与謝野晶子は、それを承知で(つまり間違えたのではなく)「釈迦牟尼」にしたのではないでしょうか。

さては晶子。「この大仏さまを直接詠んだのでは、ないわよ」を匂わせたかな。

(聡)

 

(読者の皆様へ)下のコメント欄へ、ご自作の「短歌」「俳句」をお寄せください。歌にまつわるお話も、ぜひお書き添えください。皆様とともに作り上げる、楽しいコーナーにしたいと願っております。なお、狂歌や川柳は、また別の機会とさせていただきます。お待ちしております!

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^