大紀元時報

【歌の手帳】千代に八千代に

2021年6月27日 06時00分
大紀元エポックタイムズ・ジャパン
大紀元エポックタイムズ・ジャパン

わが君は千代に八千代に細(さざ)れ石の巌(いはほ)となりて苔のむすまで(古今集)

歌意「我が君には、どうか千年も八千年も、ご長寿であらせますよう祈念いたします。細かな小石が成長して大きな岩となり、そこに厚い苔が生えるほどの遠い未来までも」。

詠み人知らずの「賀歌」として『古今和歌集』に載っています。

本来は、必ずしも一国のエンペラーの永代を言祝(ことほ)いだ歌ではありません。おそらく祝賀の席に招かれた客が、宴会の座興として、その主催者に贈った儀礼的な歌だったと考えられます。

の伝奇小説集『酉陽雑爼(ゆうようざっそ)』に、小石が成長して重さ四十斤のやや大きい石になった話があります。あるいは、そうした中国の古典から着想を得たのかもしれません。

(聡)

 

(読者の皆様へ)下のコメント欄へ、ご自作の「短歌」「俳句」をお寄せください。歌にまつわるお話も、ぜひお書き添えください。皆様とともに作り上げる、楽しいコーナーにしたいと願っております。なお、狂歌や川柳は、また別の機会とさせていただきます。お待ちしております!

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^