大紀元時報

【歌の手帳】たらちねの母

2021年6月29日 06時00分
大紀元エポックタイムズ・ジャパン
大紀元エポックタイムズ・ジャパン

垂乳根(たらちね)の母が釣りたる青蚊帳(がや)を清(すが)しと寝(いね)つたるみたれども(長塚節

長塚節(ながつかたかし1879~1915)は、夏目漱石が絶賛した小説家で、正岡子規の流れをくむ歌人でしたが、結核のため36歳で病没しました。

茨城県の国生村(現、常総市)の出身。生家は豪農であったため、節自身は高等教育を受けられる環境にいましたが、明治時代の農村における小作農の過酷な生活を、幼少期から間近に見てきました。その経験が、節唯一の長編小説『土』に結実し、近代日本文学に「農民文学」の金字塔を打ち立てます。

もはや命が長くないことを知りながらの里帰り。長塚節は、老母が吊ってくれた、たるんだ蚊帳のなかで、心安らかな夏の一夜を過ごします。

(聡)

 

(読者の皆様へ)下のコメント欄へ、ご自作の「短歌」「俳句」をお寄せください。歌にまつわるお話も、ぜひお書き添えください。皆様とともに作り上げる、楽しいコーナーにしたいと願っております。なお、狂歌や川柳は、また別の機会とさせていただきます。お待ちしております!

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^