大紀元時報

【歌の手帳】夕立の空

2021年7月7日 08時53分
大紀元エポックタイムズ・ジャパン
大紀元エポックタイムズ・ジャパン

よられつる野もせの草のかげろひて涼しくくもる夕立の空(新古今

歌意「猛暑の夏日。激しく照りつける太陽のため、乾いた野原の草が、よじれるように葉を巻いていた。そこへ雨雲がにわかに広がり、地上に陰をつくる。ひんやり涼しく曇った、夕立まえの空である」。

西行(さいぎょう1118~1190)の歌。野にある草の葉の形態を、これほど細やかに描写した例は、和歌としては過去になかったのではないかと思われます。

一方「自然描写は十分だが、抒情性には欠ける」という、辛口の批評もできるかも知れません。同じく西行の歌「心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ」のような「あはれ」は表題の歌にはないようですが、正岡子規の「写生」の先行例とも言えましょう。

(聡)

 

(読者の皆様へ)下のコメント欄へ、ご自作の「短歌」「俳句」をお寄せください。歌にまつわるお話も、ぜひお書き添えください。皆様とともに作り上げる、楽しいコーナーにしたいと願っております。なお、狂歌や川柳は、また別の機会とさせていただきます。お待ちしております!

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^