大紀元時報

【歌の手帳】玉の緒よ

2021年7月12日 06時00分
大紀元エポックタイムズ・ジャパン
大紀元エポックタイムズ・ジャパン

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする(新古今

歌意「わが命よ。絶えるのなら、いっそ絶えてしまえ。このまま生きていると、人に知られまいと努めてきた忍ぶ恋が、秘めていられなくなるかもしれないから」。

式子内親王(しょくしないしんのう)の有名な歌です。

後白河院の娘である式子(しきし、のりこ)は、未婚のまま、神に使える斎院(さいいん)として、10歳から19歳ぐらいの期間を賀茂神社に出仕します。斎院を引退した後も独身を守る慣習(例外あり)にしたがい、式子も歌を生涯の伴侶として、53歳までの余生を過ごします。

歌に詠んでしまっては「忍ぶ恋」にならないのですが、それは大きな矛盾にはなりません。歌人とは、そういう表現者なのですから。

(聡)

 

(読者の皆様へ)下のコメント欄へ、ご自作の「短歌」「俳句」をお寄せください。歌にまつわるお話も、ぜひお書き添えください。皆様とともに作り上げる、楽しいコーナーにしたいと願っております。なお、狂歌や川柳は、また別の機会とさせていただきます。お待ちしております!

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^