大紀元時報

【歌の手帳】真間の手児名

2021年7月14日 06時00分
大紀元エポックタイムズ・ジャパン
大紀元エポックタイムズ・ジャパン

葛飾(かづしか)の真間(まま)の手児名(てこな)がありしかば真間の磯辺(おすひ)に波もとどろに(万葉集

歌意「あの葛飾真間手児名が今も生きていたら、この真間の海辺の磯に波がとどろくほど、騒ぎ立てられていただろうに」。

東京都の東端に葛飾区(かつしかく)という区がありますが、万葉の時代は、このあたりまで海の入江が深くはいり込んでいました。真間とは、崖のような傾斜地を意味する古語です。

手児名(手児奈)という、まことに美しい娘がいました。嫁いだ先と実家との間が不仲になったため、手児名は幼児をつれて実家へ戻ります。そんな手児名に求婚するため、男たちが殺到しました。傷心の手児名は、ついに海に入水して死にます。

美しくも悲しい、万葉の伝説です。

(聡)

 

(読者の皆様へ)下のコメント欄へ、ご自作の「短歌」「俳句」をお寄せください。歌にまつわるお話も、ぜひお書き添えください。皆様とともに作り上げる、楽しいコーナーにしたいと願っております。なお、狂歌や川柳は、また別の機会とさせていただきます。お待ちしております!

関連キーワード
^