大紀元時報

マレーシアの熱帯雨林に潜む珍しい「仙女ランタン」の新種植物

2021年7月17日 06時00分
node / PIXTA
node / PIXTA

 

熱帯雨林の奥深くに隠され、その存在を知る人がほとんどいなかったマレーシアで、新たな謎の植物が発見されました。 これまでに科学者がこの植物を目にしたのは、4株だけです。


この属の植物の花がなぜこのような別名を持っているかというと、カラフルで小さく、時には半透明で、球根のような形をしていて、小さなランタンに似ているからだと思われます。
2019年、マレーシアでは、熱帯雨林探検家のドーム・ニコン氏が、人気観光地であるトレンガヌ州のフール・ネラス森林保護区の観光コースで、本属の新植物を初めて発見しました。 発見されたのは、トレンガヌ州のグヌン・サルート森林保護区の観光コースでした。

2020年2月、オックスフォード大学の植物学者クリス・ソログッド博士とマレーシア森林研究所の分類学者マット・ユノ・シティ・ムニラ氏がニコンを持って再び現地を訪れたところ、ある場所では植物がイノシシによって破壊され、また別の場所では果実のサンプルしか残っていませんでした。

これまでに科学者が目にしたのは、この新種の植物のうち4つだけです。 これには、2019年12月にニコンで発見された2つの開花標本、2020年2月に科学者チームが発見した1つの結実標本、2020年12月に発見されたもう1つの開花標本が含まれます。 森林保護区の観光コースの2箇所で発見され、他の場所では見られないという。

科学者たちはこれに「Thismia Sitimeriamiae」という名前をつけました。花は半透明で温かみのあるオレンジイエローで、逆台形の円筒形をしており、株は2.2cmと小さめです。
他の Thismiaの植物とは異なり、花の上には3本の柱で支えられた「華蓋」があり、これが花の避難場所になっているようです。 しかし、この「華蓋」の目的は、科学者にはまだ明らかになっていません。 また、花の表面に毛のような突起がたくさんあるのも特徴的です。

この新種の植物は、他の Thismiaの植物と同様に、葉や葉緑素を持たず、根から菌類から栄養分を得ています。 また、森の奥では日光が当たらないため、光合成をしません。
ソログッド氏は「この花のユニークな構造は、どのようにして受粉するのかという興味深い問題を提起しています」と示しました。 これまでの Thismiaの他の種の研究では、自家受粉するか、蚊(蚊に似た小型の昆虫)が受粉することが明らかになっていました。

研究者たちは論文の中で、Thisxia Sitimeriamiaeは、新種の植物のユニークな構造、色、形から、半島マレーシアで発見された同属の中で最も印象的な種の一つであると述べています。
ニコン氏が2021年6月にThismia Sitimeriamiaeの発見地を再訪したとき、この地域はイノシシによって破壊されており、科学者たちはこの種の絶滅を懸念していました。


現在、世界にはThismiaの約86種が知られており、アジア、オーストラリア、アメリカの熱帯、亜熱帯、温帯地域に分布し、その3分の1以上がマレーシアに存在しています。
Thismiaの多くの種は科学者にはあまり知られておらず、中には一度しか見たり採集したりしていないものもあります。 また、科学者たちは、そのほとんどが生態系や菌類の環境に依存するため、飼育下での生育が困難であることを発見し、生育している場所での保全が唯一の実行可能な選択肢であると考えています。

 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^