大紀元時報

【歌の手帳】夏の野の

2021年7月24日 06時00分
大紀元エポックタイムズ・ジャパン
大紀元エポックタイムズ・ジャパン

夏の野の繁(しげ)みに咲ける姫百合(ひめゆり)の知らえぬ恋は苦しきものそ(万葉集

歌意「雑草が茂る夏の野のなかに、隠れるようにひっそりと、姫百合が咲いています。その花のように、相手に知られない恋は、苦しいものですよ」。

大伴坂上郎女(おおとものさかのうえのいらつめ)の歌。8世紀初め頃の女性ですが、生没年ははっきりしません。

当時の、多くの著名な男性と相聞歌を交わしています。ただし、そのことで坂上郎女が「恋多き多情な女」であったと見なすのは、あまりに短絡的であり、控えるべきでしょう。

男女で交わす歌のなかには、もちろん真実の恋愛もありますが、それが虚構であると知りながら楽しむ要素も含まれています。

坂上郎女の歌も、その類だったように思います。

(聡)

 

(読者の皆様へ)下のコメント欄へ、ご自作の「短歌」「俳句」をお寄せください。歌にまつわるお話も、ぜひお書き添えください。皆様とともに作り上げる、楽しいコーナーにしたいと願っております。なお、狂歌や川柳は、また別の機会とさせていただきます。お待ちしております!

関連キーワード
^