大紀元時報

夏場の生ゴミ箱にハエが繁殖しないようにするには?

2021年7月30日 06時00分
EKAKI / PIXTA
EKAKI / PIXTA

夏場の生ゴミ箱にハエが繁殖しないようにするには?



暑い夏にはハエが特にうるさい。
ハエの場合、食べ物の入ったゴミ箱などに出没し、細菌をまき散らして人の健康に影響を与えます。

あるインフルエンサーは、人々の生活に役立つことを期待して、ゴミ箱にハエが繁殖しないようにする方法を提案しました。

この女性は「@sisterpledgecleans」のアカウントで、夏の間にゴミ箱でハエや虫が繁殖するのを防ぐ方法を紹介する短い動画をソーシャルメディアで公開しました。

動画には、芝生の上に置かれた2つのゴミ箱に、生ゴミやジュースが捨ててある様子が映っています。

女性は、2つのバケツを水で洗い、底に適量の塩を注ぎます。

彼女の説明によると、塩はゴミから出てきた汁を吸収し、ハエやウジがそれを食べると死んでしまうのだといいます。

また、女性は自身のインスタグラムに、この虫除け方法をファンから教えてもらったと書いています。

環境を汚さずに厄介な害虫を駆除するために、塩には素晴らしい使い方がたくさんあることを彼女は知っていますが、この方法が最も効果的です。

彼女は、この方法を使うには、ペットや野生動物がゴミ箱に近づかないように注意する必要があると注意を促しました。

なぜなら、誤って食べてしまうと、大量の食塩がダメージを与える可能性があるからです。

また、彼女は知っている他の天然の虫よけ方法を教えてくれました。

例えば、カーペットに塩を振りかけて、数時間後に掃除機で吸い取ります。

これを一カ月も毎日やっていれば、絨毯の中に潜むノミや害虫、虫の卵を殺すことができ、また掃除機の集塵袋の中に隠れていても死滅させることができます。

食塩は雑草の除去にも使われます。

雑草に塩を撒き、熱湯をかけると、食塩中のナトリウムが雑草を全滅させます。

翻訳 源正悟

関連キーワード
^