大紀元時報

ゴーヤで熱を抑え心を和らげる、血糖値を下げ 健康に

2021年8月12日 06時00分
shizuku / PIXTA
shizuku / PIXTA

パイナップルとゴーヤのチキンスープ、ゴーヤの塩卵和え、ゴーヤの冷やし中華などは一般的なゴーヤ料理ですが、白ゴーヤ、緑ゴーヤ、山ゴーヤなど、ゴーヤの種類を使い分けています。

どの種類のゴーヤを使っても、漢方や現代栄養学の観点から、体に良い効果がたくさんあります。

ゴーヤには3つの種類があり、味や栄養密度が異なります。

ゴーヤは白ゴーヤ、緑ゴーヤ、山ゴーヤに分けられます。

ゴーヤは大きく、緑ゴーヤは形に変化があり、山ゴーヤは一番小さくて色が濃くそのため、味や栄養面でも違いがあります。


ゴーヤの種類


ゴーヤ:水分が多く、繊維質が少なく、果肉が柔らかく、苦味が少ないので、スープ、炒め物、煮込み、蒸し物などの調理法に適しています。


ゴーヤ:緑ゴーヤは、品種によって色の濃さや突起の形が異なります。

薄くスライスして塩漬け卵と一緒に炒めたり、冷奴にしたりすることが多いです。

ゴーヤ(野生のゴーヤ):食物繊維、ビタミンC、ベータカロチン、ビタミンEが豊富。

薏苡仁栄養相談センターの栄養士、黄薏苡仁氏によると、山ゴーヤは3種類のゴーヤの中で最も栄養密度が高く、生の山ゴーヤ100gにはオレンジ100gよりも多くのビタミンCが含まれているとのことです。

ゴーヤは最も苦い味がしますが、シャキッとした食感があります。

冷やして食べたり、ゴーヤジュースにしたり、乾燥させてゴーヤスライスにしてお茶にしたりします。

● 苦味:白ゴーヤ(苦味が少ない)>緑ゴーヤ>山ゴーヤ(苦味が強い)

● 堅さ:山ゴーヤ(シャキシャキ)>緑ゴーヤ>白ゴーヤ(やわらかい

● 栄養密度:山ゴーヤ>緑ゴーヤ>白ゴーヤ


こんな人はゴーヤに注意


漢方では、ゴーヤは苦寒の性質を持ち、清熱解毒、清心解夏、血圧降下などの作用があるので、夏場や口の中が乾いた時、舌が乾いた時などの短時間の食事療法に適しています。

翰鳴堂の院長である賴睿昕氏によると、心臓は火の器官であり、夏は火なので、心臓にダメージを与えやすいとのことです。

一方で、暑いと汗もたくさんかくので、体が弱くなり、心臓にも影響が出ます。

そのため、漢方では夏にゴーヤや苦いものを食べて、火を消して心を冷やす効果があるとされています。

夏にゴーヤを食べることは、熱中症や下痢の予防にもなります。

暑い時期には、新鮮でないものを食べると下痢になりやすいのです。

ゴーヤは悪いものを食べたときの下痢にはいいのですが、冷たいものを食べ過ぎたときの下痢には適していません」と賴睿昕さんは言います。

同様に、次の3つのグループの人たちは、冷え性の体質であるため、食事療法としてゴーヤを食べるのには適しておらず、ゴーヤの量にも注意が必要です。

1.普段から下痢をしている人

2. 過剰な月経のある女性

3.頻尿、夜尿症、冷え性の人

短期間の夜更かしでニキビや口の渇きなどの火照りの症状がある人も、ゴーヤを食べて健康を改善することができます。

また、夜遅くまでパソコンを見ている人は、眼圧や血圧が高くなりやすいので、ゴーヤを食べることで、視力回復や血圧低下の効果が期待できます。

これらの短期的な症状は、仕事のスケジュールを変更したり、食事療法としてゴーヤを食べたりすることで改善されますが、長期的な高火病の症状は体質に関係していることが多いので、医師の治療を受けるべきだと賴睿昕さんは念を押しています。



ゴーヤペプチドの様々な作用


現代の研究では、ゴーヤにはインスリン様作用のあるゴーヤペプチドが含まれており、抗炎症作用、血糖降下作用、高脂血症作用があることがわかっています。

1日に4.5gのフリーズドライゴーヤパウダーまたは75gの新鮮なゴーヤを摂取することで、高インスリン血症と肝臓へのコレステロール蓄積を効果的に防ぐことができます。

黃苡菱氏によると、ゴーヤペプチドの1日の推奨摂取量は、100gの山ゴーヤを食べることで達成できるそうです。

ゴーヤゴーヤペプチドの含有量が少なく、山ゴーヤは約2~3倍です。

ゴーヤペプチドは、熱を加えることで初めて失われます。

通常、ゴーヤのスライスを乾燥させると含有量が減りますが、生のゴーヤには多く含まれています。
ゴーヤペプチドのサプリメントは、ゴーヤ由来のものが多く販売されており、そのまま補うことができます。

ゴーヤペプチドは、糖尿病患者や糖尿病予備軍の血糖値をコントロールするのに役立ちますが、やはり体質にもよります。

賴睿昕氏は、糖尿病患者の多くは体が高温多湿で、食事療法としてゴーヤを摂取することができますが、一部の患者は体が冷えて虚弱になっており、健康補助食品としてゴーヤペプチドを摂取するのに適していると説明しました。


ゴーヤの栄養をとる美味しい食べ方


ゴーヤは表面に凹凸があり、汚れが付着しやすいので、調理前に小さな柔らかいブラシか、清潔なスポンジクロスのスポンジ部分を使って流水で磨きます。

「ブラシをかける前にキッチンタオルで少しだけ拭いています」と黃苡菱さんは言います。

ゴーヤを調理する際、最もじかに苦味を抑える方法は、砂糖を加えることです。

例えば、ゴーヤを詰める場合、醤油意外に、砂糖も必要な調味料です。

パイナップルとゴーヤのチキンスープに使われているパイナップルも甘い香りがします。

また、ゴーヤの種の外膜は熟すと赤くなって甘くなるので、一緒に調理することで苦味のバランスをとることができます。

ゴーヤの苦味を抑えるには、薄くスライスして冷やします。

ゴーヤを冷やして食べるときは、薄くスライスしてから冷凍し、最後にホイシンソースや千島ドレッシングをかけるのが一般的です。

ゴーヤは、他の甘い果物と一緒にジュースにすることもできます。

賴睿昕さんは、ゴーヤは冷たい食べ物であり、冷やして食べるとおいしく、栄養も保持できるが、冷え性の人には害が大きいので、調理したほうがいいと示します。

彼女は、ゴーヤの味のバランスをとるために、ゴーヤの種を加えることを提案しています。

冷え性のゴーヤの果肉と違い、ゴーヤの種は温めます。

マテリアメディカによると、ゴーヤの種は腎陽を温める強壮剤で、頻尿、夜尿症、インポテンツなどの欠乏症に効果があるとされています。

(翻訳 井田)

関連キーワード
^