大紀元時報

扇風機や網戸のホコリを簡単に取り除く方法

2021年8月22日 22時06分
(NOV / PIXTA)
(NOV / PIXTA)

皆さんも同じように、家の中のホコリが気になって、ちゃんと掃除したいと思ってもどこから手をつけてよいかわからないという経験があるのではないでしょうか。 特にホコリが溜まりやすい扇風機、天井などの場合、掃除は時間や労力がかかり、効果がありません。 実は、正しい方法を使用すれば、これらの汚れを簡単に取り除くことができます。

1.扇風機ホコリ取り

扇風機は夏場に使用することが多いため、動作中にホコリが溜まりやすいですが、ちょっとした道具があれば、ファンカバーを外さずにファンの掃除ができます。

洗浄液:重曹、白酢、食器用洗剤少々

方法:
①重曹、白酢、少量の食器用洗剤を混ぜ、適量の水で薄めてスプレーボトルに注ぎます。
②ファンの羽根に洗浄液をスプレーします。床に洗浄液が垂れないように扇風機の下には雑巾を敷きます。

扇風機を風通しの良い場所に置き、スイッチを入れて数分間放置します。

★洗浄液を自作して、扇風機ホコリを取る(写真提供:Tang Yixuan / Epoch Times)

ファンカバーを掃除するのに、スポンジをナイフで9~12個の区画に切り分けます。次に、スポンジに洗浄液をつけ、ファンカバーをそっと磨きます。

2.網戸ホコリ取り

網戸を掃除するには、家庭によくあるアイテム、粘着クリーナー(コロコロ)が最適です。網戸の上で数回転がすだけで、網戸に付着したホコリをすべて取り除くことができます。

網戸のクリーニングには、粘着クリーナーが有効(写真提供:Tang Yixuan / Epoch Times)

また、窓の溝は非常に掃除しにくいので、上述のスポンジの不織布の面で溝の奥に隠れている汚れを拭き取ります。

3.ブラインドのクリーニング

布を半分に切って両端に切れ目を入れ、その切れ目を長い鉄製のクリップにつければ、ブラインドの汚れを素早く楽に落とすことができます。

4.ガラスのクリーニング

洗浄液:白酢またはディッシュウォッシュリキッド、軟化剤

ガラスを一定期間使用すると、常に灰色がかった色になります。 白酢を使い、乾いた雑巾でガラスを拭くと、新品のような輝きが出てきます。

白酢の刺激的な匂いが苦手な方は、食器用洗剤を少し水で薄めて使い、洗浄液を染み込ませた布で拭いてください。 最後に、少量の洗剤を含ませた乾いた布でもう一度拭いてください。 軟化剤には帯電防止効果があるので、ガラスをより長くきれいに保つことができます。

5.天井の隅についたクモの巣の除去

高いところにあるクモの巣を取り除くには、ほうきや古いストッキングを使って小さな道具を自作します。

古いストッキングをほうきの上にのせて、天井の汚れた部分を掃除します。 ストッキングはこすり合わせると静電気が発生し、ホコリやクモの巣がストッキングに付着し、落ちにくく、はしごや椅子を使う必要もありません。

(翻訳 里見)

関連キーワード
^