大紀元時報

珍しい400ポンドのチョウザメが川から釣り人の頭上に飛び出してきた

2021年8月25日 06時00分
scaliger / PIXTA
scaliger / PIXTA

感染流行後、だんだんと渡航制限が緩和され、釣り人がの流域に戻ってくる中、カナダのブリティッシュ・コロンビア州では、巨大なチョウザメが水面から飛び出す動画が話題になり、釣り旅行が注目を集めました。

チリワック(Chilliwack)にあるYves Bisson Sturgeon Coのオーナーは、顧客と一緒にに行ったとき、突然、伝説のチョウザメが頭上を飛び越えていくのを見たそうです。

偶然にも、その日はフィッシングガイドのイヴ・ビッソンがフレーザーリバーの谷間でカメラを持って写真を撮っていました。

「体長9~10フィート近いチョウザメが後ろから飛び込んできて、まさに息を呑むような光景でした。

捕まえた人は、ビデオを見てください」と BeesonはThe Epoch Timesに笑顔で語りました。

重さは「350〜400ポンド」とBeeson氏は言います。


彼がTikTokに投稿したこの印象的な動画は、これまでに920万回再生され、New York Postなどの主要なニュースメディアの注目を集めました。

「誰もがチョウザメのジャンプのビデオを持っていますが、あんなに近くで、あんなに大きくて、スローモーションで撮影されていて、基本的には私たちの頭の上にあったので、とても特別な瞬間でした」と付け加えました。

Beeson氏によると、このはタグを付けられ、追跡チップを埋め込まれた後、保護プログラムの一環としてに戻されたとのことです。

フィッシングガイド歴19年の彼は、これまでに2万匹以上のを釣ってタグを付けた経験があり、「世界の誰よりも多い」と語り、彼らの釣り会社は「世界で最も優れた会社の一つ」だと付け加えました。

彼は、疫病発生以来、でのビジネスが少し干上がってしまったことを認めていますが、世界経済が再開するにつれて、多くの観光客が押し寄せてくるようになっています。


「今年は決して良い年ではないが、9日以降、アメリカのお客様がたくさん来てくれているので、良い方向に向かっている」と言っていました。

Yves Bisson Sturgeon社が最近のビデオで評判になったように、ソーシャルメディアでのちょっとした宣伝は、同社のビジネスに悪影響を与えないでしょう。

 

関連キーワード
^