必読!強くて自信に満ちた子供を育てるための親の4つのテクニック ( photosvit / PIXTA)

子どもの自信を引き出すには? 専門家による4つのテクニック

自信を持つことが成功の秘訣です。 親は子どもに強くなってほしい、自信を持ってほしいと望んでしますが、子どもが自信を持つためにはどうすればいいのでしょうか。 心理学者や子育ての専門家が4つのテクニックを紹介しています。

子供を褒める

子どもには褒めてあげることが必要ですが、きちんとしたやり方でないと逆効果になってしまうこともあります。つまり、 子どもを褒めるタイミングや方法にはこだわりがあります。

ニュージャージー州の臨床心理学者であるアイリーン・ケネディ=ムーア氏は、「中身がない褒め言葉では、自信をつけることはできません」と親に注意を促しています。 自信のない子供に『あなたは素晴らしい』と褒めれば褒めるほど、『私はだめだ』と反論されるかもしれません。

子供には困難の中で鍛えることが必要です。少しの努力で少しの成功を収めるたびに、少しの自信がつきます。その後、より大きな成功を目指して、勇気を持ってさらに努力することになるでしょう。

学生向けにさまざまなトレーニングプログラムを提供しているワールドワイズ・チュータリング・エルエルシー(WorldWise Tutoring LLC)の創設者兼CEOであるリンジー・ワンダー(Lindsey Wander)氏は、フォックスニュース(Fox News)の取材に対し、本物の褒め言葉には、子供が目標を達成しようと努力している姿を褒めることが含まれるべきだと述べています。

子供の頭の良さではなく、努力したことを褒めてあげてください。」とワンダー氏は言い、成績や点数だけではなく、課題への取り組み方や努力したことを褒めてあげるなどの例を挙げました。

お子さんが間違ったことを見つけて自分で直したときには、褒めてあげることで前向きな姿勢を促します。

「(それから子供たちと)あなたが何を学んだことと次に何をすべきかについて話します。」とワンダー氏は提案します。 「何が難しいのか? これにより、子どもたちは問題があることを認識することができます。 そうすることで、子どもたちは困難や葛藤は正常なことであり、学習や成長のプロセスの一部であることを認識することができます。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションも、子どもの自信を育むための重要な要素です。 子どもとのコミュニケーションに有効な戦略は、「共感」と「アンカリング」です。

自信のない子供は、「いつも」こうだと思い、何かが起こった後はどこも同じだと考えがちです。 議論するのではなく、子どもの気持ちに共感しつつ、特定の状況や時間に合わせてアンカーを打つ。 例えば、お子さんが困難に直面したとき、「できない」とか「しない」とか言うのではなく、「今はできない」とか「今はしない」と言ってあげてください。

お子さんとの会話では、声のトーンに気をつけ、よりポジティブな言葉やフレーズを使うようにしましょう。

子供たちに話す権利を与える

子どもが自信を持てるように、親は自分を表現する時間を与えてあげる必要があります。 SUNYオニオンの社会学助教授であるキルステンケメラーは、フォックスニュースに次のように語っています。「子どもたちが大きな安心感、全面的なサポート、ケアを行える環境は、自尊心と自尊心を育むために特に重要です。子どもたちは、批判されたり判断されたりするのではなく、親と率直に話すことができると感じる必要があります」

子どもたちが自由に自分を表現できるようにすることは、創造性、勇気、リスクを取ること、理解すること、他人を思いやることなど、子どもたちの潜在能力を引き出すことにもつながります。

質問をする

専門家によると、子どもにガイド的な質問をすると、運動中の子どもの脳にメリットがあるとのことです。

エイミー・モーリンは、メンタルヘルス情報サイト「ベリーウェルマインド」の編集長であり、「13シングスストロングキッズドゥ」の著者でもあります。彼女は、子供の「ネガティブな考え」は親の考えに置き換えることはできないが、子供に考えさせるような質問をすることで、ポジティブな効果が得られることが多いと述べています。 

失敗すると言い張る子どもには、ただ「そんな事はない」とか「大丈夫だよ」とか言っても、なかなか難しいものです。その代わりに、もし友達が同じことを言っていたら何と言うかを聞いてみましょう。 このような質問をすることで、子どもたちは自分のネガティブな考えを見直すようになるのです」とモーリンは言います。

また、家庭や身の回りで起きていることについて、しばらくしてから子どもに聞いてみて、肯定的なコメントや改善点を提案してもらい、それを実践してみます。 そうすることで、彼らは自分の意見が大切にされていると感じることができます。

(翻訳・里見雨禾)