(ペイレスイメージズ1(モデル) / PIXTA)

窓ガラスをきれいにする6つのステップ

綺麗な窓と汚れた窓を比べてみると、その差は一目瞭然です。 筋や汚れのない窓なら、屋外の景色を楽しむことができ、太陽の光を直接家の中に取りこむことができます。しかし、窓の掃除の仕方がわからないから、やりたくないという人も多いのではないでしょうか。必要なのは、少しの計画と、少しの努力だけです。
ここでは、窓ガラス掃除する際に、必要な6つのステップをご紹介します。

①温度を確認する

晴れた日に窓を掃除するのは、もったいないですよね。 そう思っているのは、あなただけではありません。 窓掃除のコツとしては、曇りの日を選ぶことです。 日光が当たらないと、ガラスの縞模様になってしまう汚れを最小限に抑えることができます。光が当たるとガラスクリーナーがすぐに蒸発してしまい、掃除がしにくくなってしまいます。 また、強い日差しでなければ、ガラスがより見やすく、よりきれいにすることができます。
ガラスを触って、温度を確認してみましょう。 窓ガラスを触ってみて熱い場合は、冷たくなるまで待ってください。

ホコリや汚れを除去する

掃除機を使わずに、窓拭きをするのはおすすめできません。 窓枠の中に汚れがたまっており、それが水に濡れるとドロドロとした跡が残るので、まずは掃除する必要があります。そのため、適切な窓掃除のために、掃除機に付いているアタッチメントを使い、窓の内側を掃除することが重要です。窓枠の下部に溜まっているホコリや虫を掃除機で取り除きます。その後、湿った布で残った汚れやクモの巣などを拭き取ります。

③外装のクリーニングをする

多くの人が見落としているのが、外側をホースで洗うという重要なステップです。 すべての窓を閉め、外側の窓に向かってガーデンホースで噴霧します。最初の汚れを取り除き、細部の手入れがしやすくなります。

④清掃する

それぞれの窓をどのように掃除するかは、窓の種類によって異なります。 最近の窓は、反転して開けることができるので、外側と内側を同じ場所で掃除することができます。古い窓は固定されている場合があるので、外を掃除する時には、ハシゴを使わなければなりません。 自分が使いやすいハシゴを見つけるようにしましょう。手を入れなければならない窓があれば、プロに任せましょう。

室内の窓ガラスは、ガラスクリーナーで清掃することができます。ほとんどの窓は、網戸を外して1人で掃除することができます。 網戸は温かい石鹸水で、屋外の石灰質の床の上やお風呂場で洗うことができます。

⑤2人で作業する

家族にも協力してもらい、1人が室内で水平に、もう1人が屋外で垂直に窓ガラスを拭くようにします。そうすれば、汚れや筋がどちら側にあるのかがわかります。

ガラスを乾燥するときや、掃除したばかりの窓を台無しにするのは、大量の糸くずが原因です。窓ガラスを乾かすときは、ペーパータオルではなく、きれいなコーヒーフィルターや、くしゃくしゃにした新聞紙、マイクロファイバーのクロス、小麦粉袋のタオルなど、糸くずの出ない布を使ってください。 あるいは、鋭利で傷のつかないゴム製のブレードを備えた、小型のゴム製クリーニングブラシを試してみるのもよいでしょう。 この確実なテクニックを使えば、窓拭きのプロになった気分になれます。

を使って窓をきれいにする方法

窓用クリーナーのDIYレシピはたくさんありますが、私たちのお気に入りはビネガーベースです。自分で窓ガラス用のクリーナーを作るには、以下の材料が必要です。

・1/4カップの外用アルコール
・1/3カップのビネガー
・蒸留水

最良の結果を得るために、穀物を選ぶとよいでしょう。約960mlのスプレーボトルに材料を入れ、軽く振ってよく混ぜます。糸くずの出にくい布にスプレーして、窓の掃除を始めましょう。

(翻訳・里見雨禾)