新型コロナウイルスの起源は?武漢で実際に起きたこと著者=シャリ・マークソン氏
米国思想リーダー
米国思想リーダー
ヤン・エキレック

2020年に中国・武漢から始まったパンデミックの起源は、未だに謎に包まれている。多くの専門家が指摘したにも関わらず、武漢ウイルス研究所の「ラボ漏洩」の可能性については、1年以上も伏せられていた。調査に非協力的な中国は勿論のこと、米国の衛生当局や主流メディア、政府高官までもが即座にそれを否定した。しかし、多くの科学者や専門家らの努力によって、ラボ漏洩説が単なる“陰謀論”ではないことが分かってきた。400ページに及ぶ著書「What really happened in Wuhan」(仮題:武漢で実際に起きたこと)を上梓したばかりの調査ジャーナリスト、シャリ・マークソン氏に話を聞いた。

関連動画