(ktsimage / PIXTA)

宇宙人に52回も誘拐された英国人女性、「同じ経験をした人が他にも多数いるはず」

ここ数十年、宇宙人の目撃情報が増え、地球人が宇宙人に拉致されたという話も珍しくないようです。 先日、イギリス人女性が、子供の頃から宇宙人に誘拐されたことがある(これまでに50回以上)と明かし、誘拐された後の傷だらけの体の写真や、宇宙人の姿を人々に見せるために絵を描いたことまで明らかにし、大きな議論を呼んでいます。

英国のメディアによると、ウェストヨークシャー州ブラッドフォードに住むポーラ・スミスさん(50歳)は、地元の交通局に勤務し、2児の祖母でもあります。

彼女が初めて宇宙人を見たのは1982年のことで、「一人で静かな森の中に入ると、心臓の鼓動が聞こえてきそうで、暗闇に目が慣れると、ブーメランのような形で『腕』がついているものが見えた」そうです。

彼女の説明によると、両腕の先には光があり、1つは青、もう1つは緑、そしてもう1つあったようですが、何色だったかは覚えていませんでした。

「腕は飛行機のプロペラ翼に似ている。船(UFO)は黒く、高さと幅が約9メートルで、縁には緑と青の光があり、時速1.6キロで時計回りに回転していて、完全に無音だった」

彼女もその時逃げようとしましたが、地面が流砂のように沈んでいくような感じがして、すべてが真っ暗になったようです。


ポーラさんは、初めて船を見た後、ぼんやりと家に帰ったと言いました。彼女は家族からは4時間前から「行方不明」になっていたと聞かされていましたが、船を見てから家に戻るまでの間に何があったのか全く覚えていませんでした。 それ以来、このようなことは一度も止まったことはありません。 時には宇宙人にベッドから引きずり出されて連れ去られ、そして時々彼らは彼女の寝室の窓に飛んで来ました。

ポーラさんは「地球上にタッチパネルが登場するずっと前に、異星人の船で見たことがある。地球上にはない高度な技術を見せてもらったこともある。 美しい川が黒くなり、青い空が血のように赤くなるドキュメンタリーを見せられ、すぐに宇宙人が「人間の欲によって地球が破壊される」と警告しているのだと気付いた」と言いました。

また、彼女は宇宙船から帰ってきたら、顔に三角形のあざがあり、腕にはいくつもの手形があったこともあったといいます。 また、彼女は宇宙人に拉致されて傷ついた体の写真を公開したり、記憶を頼りに銀色の宇宙人の絵を描いたりしました。

「これまでに計52回の超常現象を体験しました。 不思議なことに、宇宙人は何の警告も残していないし、何か特別なことが起こりそうな気がしてなりませんでした。 今、私は他の人たちと同じように普通の生活をしていますが、これらの経験から影響を受けないようにしています。そうしないと、気が狂ってしまうからです」と 彼女は言っていました。

ポーラさんは人生のほとんどの期間、自分の体験について「黙っていた」と主張しています。宇宙人について黙っていたのは、人々が彼女を「狂っている」と考えるからです。 しかし、彼女は、地球上には彼女のように同じような経験をした人が「何千、何百万」もいると信じています。

(翻訳・里見雨禾)