姿勢と性格には相関関係があり、姿勢を変えると性格も変化が見られる(ufabizphoto / PIXTA)

【研究】理想的な姿勢を保つことで、痛みに耐性がつき自然と性格も変わる

いつも頭を上げて胸を張っているのか、猫背で背中が揺れているのか。 実は、姿勢はその人の性格を表しています。 しかし、姿勢を変えるだけで性格が変わり、痛みも解放されます。
 

姿勢は人柄を表す
 

ここに二人の少年がいます。1人の少年は、リラックスして自信に満ちた表情をしています。  骨盤を前に突き出し、手を腰に当て、胸とお腹を開いて立っており、注目を浴びるのが嬉しいのでしょう。このボディランゲージを見れば彼の気持ちがわかります。 リラックスした姿勢とやさしい笑顔は、心配していないこと、他人に対して身構えていないことを示しています。

もう1人の少年は、恥ずかしがり屋で緊張しており、無理に笑顔を作り、背中を丸めて胸を張り、肩を上げて、恐怖のジェスチャーをしています。 もし、いじめっ子に直面したら、この少年は、左に立っている友人が最初に立ち上がらない限り、おそらく逃げてしまうでしょう。

なぜ外見だけでこのような内面の違いがわかるのでしょうか。 それはジェスチャーや表情、動きは内面の感情を伝えるからです。 科学者たちは、非言語メッセージがすべてのコミュニケーションの60%から93%を占めることを発見しました。メールやメッセージを送るときに、いくつもの感嘆符や絵文字を使いたくなるのはそのためです。対面でのコミュニケーションができず、言葉だけでは足りないときには、感情を表現するためのシンボルが必要です。

ボディーランゲージは、他人との直接的なコミュニケーションに限らず、本質的に私たちの感情の状態に関係しています。 人に見られない一人の時でも、私たちの感情は常にジェスチャーやアクションで表現されています。

誰かを騙したいとき、あるいは良い印象を与えたいとき、私たちは通常、本能的にボディランゲージを偽装しようとします。例えば、片方の少年は、不快感を感じているにもかかわらず笑顔を見せていました。 しかし、この少年の場合、彼の笑顔には、習慣的な姿勢が示すメッセージが隠されていません。彼の後退反応は何度も引き起こされているため、ほとんどの場合、無意識にこの姿勢をとってしまいます。

しかし2分間で姿勢を変えることで、瞬時にストレスを解消し、ホルモンレベルを変化させることができます。

習慣的な動きのパターンと同じように、意識的な練習と繰り返しによってボディランゲージを変えることができます。ボディランゲージを変えることで、実際に内面の感じ方を変えることができるのです。 

2010年、ハーバード大学のエイミー・カディ氏、コロンビア大学のダナ・カーニー氏、カリフォルニア大学のアンディ・ヤップ氏は、ボディランゲージを変えることで引き起こされる効果について研究を行いました。 その結果は、驚くほど現実の世界に当てはまるものでした。

この研究では、参加者は「パワーの高い」または「パワーの低い」のポーズをとって、座った状態で2分間過ごしました。

パワーの高い姿勢パワーポスチャー)は、開放的で外向きの姿勢であり、被験者はより多くのスペースを取るために体を伸ばし、手足を体の中心から遠ざけていました(行動反応に似ている)。 逆に、パワーの低いの姿勢をとっているときは、体のスペースが狭くなり、手足が体の中心に近づきました(引っ込み思案の反応に似ています)。

この研究では、パワーポスチャーをとった前後にコルチゾールテストステロンの値を測定しました。 一方、テストステロンは決断力と関連しており、テストステロンのレベルが高い人は、通常、力強さを感じ、自信に満ちた行動をしていました。

パワーの高い姿勢では、テストステロン値が上昇し、コルチゾール値が低下します。逆に、パワーの低い姿勢では、テストステロン値が低下し、コルチゾール値が上昇します。

このようなホルモンの変化は気分の変化を伴い、パワーの高い姿勢の人は、パワーの低い姿勢の人に比べて、パワーの高い姿勢の時の方がギャンブルでリスクを取りたいという気分になると報告しています。 たった2分間姿勢を変えるだけで、気持ちや行動、さらにはホルモンレベルにまで影響を及ぼすとは信じられないことです。

たった2分間の姿勢の変化で、ホルモンや感情、行動に大きな違いが出るのであれば、日常生活で同じ姿勢を長時間続けることの影響を想像してみてください。
 

20秒間姿勢を変えると痛みが軽減される
 

トロント大学と南カリフォルニア大学の研究者たちは、権威的な姿勢と従順な姿勢が、私たちの痛みに対する耐性にどのような影響を与えるかを調査しました。 その結果、わずか20秒間、権威的な姿勢をとっただけで、被験者の痛みに対する耐性が高まったことが明らかになりました。

パワーポスチャーは、コントロールしているという感覚を与えてくれるため、痛みを感じにくくなります。 研究によると、状況をコントロールできていると感じると痛みの耐性が高まり、逆にコントロールできていないと感じると痛みの耐性が低下することがわかっています。 また、強靭な姿勢テストステロンのレベルを高め、痛みに対する耐性をさらに高めます。
 

理想的な姿勢を保つことで、自然と性格が変わり、腰痛も改善される
 

姿勢のパターンは内面の感情や行動に影響を与えるため、特に習慣化しているものは要注意です。 では、その人の性格から、どのような姿勢の癖がつくかを予測することはできるのでしょうか。 ある程度、答えはイエスです。 マギル大学とサンティアゴ・ポリテクニック大学の研究者は、性格姿勢を比較した研究で、姿勢と外向的な性格に意外な相関関係があることを発見しました。

研究者たちは、被験者を4つの異なる習慣的な姿勢に基づいてグループ分けしました。下図に示すように、理想的な姿勢、胸椎前弯-腰椎前部姿勢(前弯と腰椎前部の両方のカーブが誇張されている)、スウェイバック姿勢(腰椎のカーブが減少し、腰がくるぶしの前に落ちている)、フラットバック姿勢(腰椎のカーブが平らである)です。
 

大紀元

 
その結果、理想的な姿勢のグループの96%が外向的で、胸椎前彎-腰椎前凸部のグループの83%が外向的であることがわかりました。 一方、内向的な人は、スウェイバックやフラットバックの姿勢で立つことが多かったのです。

腰と骨盤の位置をよく見ると、外向的な人は骨盤を直立させたり、前傾させたりする傾向があるので、腰に自然な、あるいは大きなアーチができます。 つまり、より明るく、自信に満ちた人たちは、パワーポスチャーを採用したのです。

逆に、内向的な人は、腹筋を縮めて骨盤を後ろに傾ける傾向が強く(後退反応型の従順な姿勢)、本来なら自然なカーブを描くはずの腰の部分が平らになり、平べったい姿勢やスウェイバックのような姿勢になってしまいます。 また、上記の3つの非理想的な姿勢をとっている人は、理想的な姿勢をとっている人よりも筋肉の緊張が強いという研究結果もあります。 不自然な姿勢を維持するためには、筋肉が収縮し続けなければならないことを理解したので、これは驚くべきことではありません。また、理想的でない3つの姿勢をとっている人は、理想的な姿勢をとっている人に比べて、腰や首の痛みを感じやすいことも予測できます。

一人ひとりの感情や行動の特徴が、私たちのユニークな外見、つまり「個性」を形成し、それが特定の姿勢や動きのパターンにつながっているのです。 これらのパターンを何度も繰り返しているうちに、習慣として身についてしまいます。 これらの学習パターンは、時間の経過とともに、私たちの感情や行動に影響を与えるようになります。 "個性 "と "学習した動作パターン "の両方が連動して、私たちの立ち姿、動き、感じ方、行動を習慣的に維持しています。

つまり、体の使い方を変えることで、確かに性格を変えることができるのです。 長年にわたって蓄積された筋肉の緊張をほぐし、姿勢を変え、新しい動きのパターンを作ることで、より回復力が増し、自信がつき、痛みに直面してもストレスを感じなくなります。

(翻訳・井田千影)