(竜とそばかすの姫HP)

細田守監督『竜とそばかすの姫』が台湾で公開 興行収入記録を塗り替える

細田守監督の最新アニメーション映画『竜とそばかすの姫』が、8日に台湾で公開されて以来、800万台湾ドル以上の売上を記録。台湾での新作映画の興行収入1位、細田守監督の台湾での興行収入の最高記録を更新しました。

細田守監督が脚本・監督を務めた『竜とそばかすの姫』は、インターネット上の仮想空間「U」で、世界中の人々に愛される歌姫「ベル」となった冴えない田舎の高校生すずが、インターネットの仮想世界を舞台に、悩み葛藤しながらも成長するというストーリーで、日本の興行収入は63億円を超える大ヒット作となりました。細田守監督の歴代最高記録を更新し、第74回カンヌ国際映画祭の「カンヌ・プレミア」部門に日本映画として唯一上映されました。

この人気は台湾にも波及し、8日に台湾で公開されて以来、台湾の興行記録を更新し続けており、SNSでも話題になり

「音楽が本当に素晴らしい。曲を聴いて号泣するなんて尋常じゃない」

「劇場に入るときは特に期待もしていなかったけど、まさか泣いて帰ることになるとは思わなかったです。本当に感動しました」

と感動のコメントが上がっています。

もともと映像と音楽の美しさは日本でも定評があった『竜とそばかすの姫』、本作で竜役を演じた佐藤健さんは、日本の取材に答え「美しい音楽と映像を観ているだけで涙が出てきました」と大絶賛していました。

主題歌、挿入歌を担当した中村佳穂さんは、この『竜とそばかすの姫』で声優デビューを果しました。 幼い頃に母親を突然亡くして心に傷を負った女子高生と、仮想世界でカリスマ的な人気を誇る歌手の二面性を、中村さんが見事に演じています。

細田守監督は、日本メディアによるインタビューで、試しに台本を読ませたのを聞いてこの役には彼女がふさわしいと思ったと明かしました。 

細田監督によると、中村さんは「すず」の吹き替えをするときはローヒールを履き、「ベル」の吹き替えをするときはハイヒールを履いていたようです。

中村さんは、ベルは美しくて人気のあるキャラクターなので、想像するのではなく、衣装を替えることでベルの気持ちを理解できればと考えたそう。

こういった日本人らしい心遣いも、台湾のファンの心をつかんだ理由かもしれませんね。

 

(翻訳・柳あきら)