(TMArt / PIXTA)

シェパード犬が飼い主の病気を嗅ぎ取り 命を救った

フロリダのジャーマンシェパード犬が飼い主が急病にあることを発見した後、助けを求めて近所の家に駆け寄りました。その後、飼い主は病院に運ばれて治療を受け、現在は退院しています。

フロリダ州ゲインズビルに住むローター・ワイマンさん(68歳)は、脳卒中を発症しました。その時、7歳のジャーマンシェパードであるエリーが異変に気付いたのです。当時誰もいなかったが、エリーが少なくとも三つのドアを自分で開け、隣家に吠えながら飛び込んで行きました。

犬の鳴き声を聞いたダン・バートンさんは、興奮している犬を追いかけて隣の家に行き、そこで隣人のワイマンさんを見て警察に通報したのです。

ワイマンさんは自分の問題の深刻さに気づかず、その時、言葉が不明瞭になっていたにもかかわらず、自分は大丈夫だと言い張っていました。

バートンさんは911オペレーターに、「彼はいつもと様子が違う。私の名前を知らないし、脳卒中のようなものではないか」と言いました。ワイマンさんを座らせようとしたバートンさんは、通信指令係に「彼は転んだと思う」と言いました。 

ワイマンの頭にできたタンコブを見ると、転んだことが伺えましたが、本人はそれを覚えていませんでした。

救急車が到着し、ワイマンは16分後に病院に運ばれました。 その結果、彼は脳卒中を発症し、心臓病と2型糖尿病を患っていることが判明しました。 4ヶ月間の治療の後、ワイマンは先日退院し、自宅に戻りました。

自宅でインタビューに応じたワイマンさんは、まだ回復途上で、愛犬と一緒に歩けるようにバランスを取ることに努めていると言いました。

エリーのおかげで、彼は生き延びることができたのです。

犬は鋭い嗅覚を持っており、病気によって引き起こされる人間の匂いの最も微妙な変化に気付くことができるようです。

彼らは確かに私たちを見て、香りを嗅ぎ、「わかった。それは違うね」と言うことができます」とフロリダ州オカラのProcyon Training LLCの所有者、およびマリオン郡人道協会シェルター(マリオン郡のフマネ協会)マネージャーのステファニーロバーツ氏(ステファニーロバーツ)は語っています。


「彼らをそばにいてくれることは良いことだ。犬を飼っているなら、生涯のパートナーがいる」とワイマン氏は語っていました。

▶ 写真を見るにはこちらをクリックしてください。

(翻訳者・里見雨禾)