パブリックドメイン

世界中のピラミッド(6)--南ヨーロッパ

ギリシャ ヘレニコンピラミッド

約1800年前、旅行家で地理学者のパウサニアス(Pausanias)がいくつかのピラミッドを発見しました。うちのひとつがティリンス(Tiryns)遺跡付近のアルゴス(Argos)郊外の村に位置しています。それが、ヘレニコンピラミッド(Pyramid of Hellinikon)遺跡です。ヘレニコンピラミッドはおよそ紀元前4世紀晩期に建てられ、パウサニアス著作の『ギリシア案内記』の記載によると、このピラミッドは当時、もっとも角錐に近い建築物で、3400年前、アルゴス王国のために身をささげた戦士たちの墓だったといいます。ピラミッドの構造が当時、戦士たちが身に着けていた盾と似ていたため、エーゲ文明のアルゴス王国では、犠牲した戦士たちを記念する場所として用いられました。現在は、土台の部分しか残っていません。

イタリア ローマのガイウス・ケスティウスピラミッド

ローマには紀元前18年から12年の間に建てられたピラミッドがあります。この高さ27メートルにおよぶピラミッドガイウス・ケスティウスピラミッドと呼ばれ、1660年に発見されて、当時の画家・ピエトロ・サンティ・バルトリが中に残された壁画について詳しく描写しています。

ガイウス・ケスティウスピラミッドは、その名前の通り、当時古代ローマの法務官であるガイウス・ケスティウス・エプロの墓です。ピラミッドの土台の材料は石灰で、その面積は約30平方メートルです。周囲の壁はセメントでできており、外壁には白い大理石が用いられています。ガイウス・ケスティウスピラミッドのスタイルはヌビアのピラミッドを参考しており、室内の内装はローマスタイルを採用して、壁には壁画が彫られています。昔、強盗に入られたことがあったため、ピラミッドは外部に開放されません。ガイウス・ケスティウスピラミッドの横には城堡スタイルの門があり、セント・パウロの門と呼ばれ、古代ローマの城壁の一部です。

フランス ファリコンのピラミッド

フランス有名な観光地ニースの近くにも古代ローマピラミッド、「ファリコンのピラミッド(Pyramide de Falicon)」があり、その面積はおよそ36平方メートルです。

このピラミッドの真下には蝙蝠の穴があり、カルスト地形によくみられます。
このピラミッドの年代や由来、用途に関してはいまだ謎のままです。

これまで、このピラミッドに関する様々な説があり、中には、イタリアのピラミッドと同様、古代ローマ人が古代エジプトとの戦いの後、ヨーロッパに戻ってきて、宗教などの目的で建てたという説があります(その付近の都市ニースは、当時、重要な古代ローマの植民地でした)。

(つづく)
――正見ネットより転載

(作者・意文/翻訳編集・天野秀)