ひたすら吠え続けて、150人を火事から逃がしたお手柄レトリバー

コメント

インドのカルナタカ州にあるアパートで起きた火災は、一匹のゴールデンレトリバーに発見されました。幸いこのワンちゃんが吠え続け、眠っていた飼い主が目を覚まし、他の住人にも気が付かせ、最終的には約150人が火事から逃れることができました。

インドのメディアの報道によると、11月17日午後、カルナタカ州の州都ベンガルールのアパートで火災が発生しました。

アパートはビジェイ・ピライという男性のもので、火災の原因は1階の電気配線がショートしたためだと思われます。

火災当時、ピライ氏は仕事で留守にしており、家には60歳の母親とペットの・アプだけがいて、母親は寝ていました。

普段おとなしいアプちゃんが、急に吠え出して、びっくりしたそうです。母親が起き上がってみると、家の中には火と煙がありました。 その後、近所の人が様子を見に、彼女の家に駆けつけてきて、彼女を救出しました。

アプがしつこく吠えていたので、他の住人も火事に気づき、消防隊に連絡しました。 消防隊が火を消すのに約2時間かかりました。

このアパートには50家族、合計約150人が住んでいました。 アプちゃんの警告により、無事に火災から避難できたので、みんな褒めていました。 もし彼が吠えていなかったら、火はアパートの他の場所にも広がっていたかもしれません。

アパートの住人の一人は「犬はとても鋭いと言われている。人間の最良の友だ」と言います。 今日、私はそれが真実であることを自分の目で確かめました。 私は今、自分の犬を飼いたいと思っています。

地元の上級消防士であるナゲッシュ氏によると、火元はまだ見つかっていないとのこと。 ガスバレルには影響がありませんでした。 冷蔵庫や浴室の給湯器の電線ショートが原因ではないかと推測されています。

「幸いに誰も傷つかなかった、なんとか火を消すことができった」とナゲッシュ氏は語りました。 

(この事件の動画はここをクリック)

(翻訳者:井田千景)