写真:「悪魔の橋」と水面が織りなす完璧な組み合わせ

コメント

このアーチ型の橋は、19世紀後半に建設された当初と同じように、魔法のように輝いています。 石橋の半円が湖に映ると真円になるという目の錯覚を利用したものです。

「悪魔の橋」は、ポーランドとの国境に近いドイツのクロムラウ村にあるクロムラウ公園にあります。 この村は植物が豊富で、国内最大のシャクナゲ公園があります。
 

(Shutterstock)

ガイドのアトラス・オブストラさんによると、この橋は1860年に、頭の中に円のビジョンを見た地元の騎士が依頼したものだそうです。 この橋は、地元の荒削りの石を使って作られており、歩行者用の橋としては安全性に問題があったため、この名前が付けられました。

しかし、この視覚的錯覚には何の不都合もありません。

静かな湖面に完璧な石の輪が見え、世界中のカメラマンの人気撮影スポットになっています。
 

(Shutterstock)

石橋は鬱蒼とした木々の中に建てられており、木々は緑からオレンジ、そして裸になり、また戻ってきます。 柔らかい石のアーチは、この季節の変化を強調し、木のフレームとして溶け込んでいます。

(「悪魔の橋」の動画はこちらから)

また、橋の両端には、ドイツのいたるところで見られる自然の玄武岩の柱を模した細い石の尖塔が取り付けられており、自然環境との調和が図られています。 しかし、160年の歴史と繊細な構造を持つこの橋を守るために、現在は歩行者の通行が禁止されています。

とはいえ、この美しい工学技術を目の当たりにするなら、クロメラウアー・パークへのドライブをお勧めします。 水が静まり、葉が鮮やかに色づき、空気が新鮮なとき、橋はまるで子供のおとぎ話の絵本の一ページのように見えます。
 

(Shutterstock)

 

(Shutterstock)

(翻訳:里見雨禾)