簡単な方法で、カーペットを再びふわふわの状態にすることができる

コメント

新品のカーペットはふかふかで清潔感がありますが、毎日人が歩いたり、家具の重みがかかった状態が長く続いたりして、しばらくすると清潔感やふかふか感がなくなってしまうことがあります。

健康上の要因はさらに心配です。 特にペットを飼っている家庭では、カーペットの繊維の深層部に人間のフケに似たフケが徐々に蓄積されていきます。フケは人間の目には見えないほど小さいものですが、呼吸器系が敏感な人には悪影響を及ぼします。

ちょっとしたコツをつかめば、カーペットをふかふかにすることは難しくありません。 以下の方法を参考にして、自分で試してみてください。

掃除機

そう、後の方法のどれを試すにしても、まずは本格的な掃除機がけをすることが大切です。 掃除機を定期的にかけ続けていれば、カーペットはたいてい良い状態になります。 忙しくておろそかになってしまうことがあるのは仕方のないことで、しばらくすると、掃除機をかけても、ふかふかの状態に戻すためには、メンテナンスや掃除を加える必要が出てきてしまいます。

スチームアイロンを使う

スチームアイロンは、衣類を平らにしてしまいますが、カーペットに使うと、平らになったカーペットにふっくら感を取り戻すことができます。 洗濯機で洗った後、まだ外に出していない半乾きのバスタオルを用意します。

アイロンを弱火または中火にして、湿らせたタオルの上に置き、数秒間押し付けては、繊維が立ち上がるのを確認するまで、何度も何度も繰り返します。 アイロンが手元にない場合は、ドライヤーでもOKです。 必要なのは、少しの水分と少しの熱だけです。

この方法は、人が最もよく歩く通路など、他の場所のカーペットよりも明らかに平らに見えるカーペットの局所に適しています。しかし、この方法を大面積のカーペットに使用すると、より疲れます。

カーペット用に熊手を家の中に置いておき、時間があるときにそれを取り出すことは、カーペットにふかふか感を取り戻すことができる簡単な方法です。 ただこの方法は誤ってカーペットを傷つけたり、繊維を取り除いてしまう恐れがあるので、あまり強くかき回さないでください。

一度かき集めた後、もう一度掃除機をかけます。 これは非常に効果的です。 その後、別の方向にもう一度かき集めて、再び掃除機をかけます。 この作業を納得がいくまで何度か繰り返します。
 

重曹とホワイトビネガーを使う

匂いが気になるカーペットは、重曹とホワイトビネガーを使って掃除します。 (Shutterstock)

この方法は、カーペットが汚れていたり、臭いがする場合に使用するのに適しています。また、ペットを飼っている方は、カーペットの奥に溜まったペットのフケを取り除くのにも適しています。 全体の作業には1日ほどかかりますが、実際の労働には1日もかかりません。

もちろん、作業を始める前には、表面に掃除機をかけて埃やゴミを取り除くことが大切です。 次に、重曹をカーペット全体に振りかけます。 なるべく均等に広げてください。 振りかけた後、小さなブラシで数方向にブラッシングすると、重曹がより均等に広がります。 その後、重曹を12時間ほどカーペットに置いておきます。 そのため、朝に重曹を散布して、夕方に次のステップを開始するというように、1日で行うのが適切です。

重曹をカーペットに十分に放置した後、再び掃除機をかけます。 今度は掃除機をより慎重にかけ、重曹がカーペットにできるだけ付着しないようにします。

次のステップは、ホワイトビネガーをカーペットにスプレーすることです。 ホワイトビネガーとお湯を1:1の割合で混ぜてスプレーボトルに入れます。 そして、カーペット全体に均等にスプレーします。 撒いた後は、ブラシでカーペットを軽くブラッシングし、直線と円を組み合わせて使うとより効果的です。 カーペットを自然乾燥させると、驚くことに、以前よりもずっとふかふかになります。
 

アイスキューブの使用

信じられないかもしれませんが、先に述べたように、ホットスチーム湿布でカーペットをフワフワにすることができますし、アイスキューブもそうです これは、局所的な小さな領域を扱うための別の方法です。 特に重い箱や家具が長期間放置されていた場所では、箱の撤去や家具の移動の際に試してみてください。

この場合も、まず掃除機をかけて表面の埃を取り除きます。 そして、その部分の上に氷を置き、自然に溶けるのを待ち、乾いたタオルで水分を吸い取ります。 その後、スプーンやブラシを使って、カーペットの繊維に通してほぐします。

カーペットのクリーニングをプロに依頼する

もちろん、カーペットの状態があまりにも長く蓄積されている場合や、忙しくて時間が取れない場合は、プロのカーペットクリーニング会社に依頼するのが良いでしょう。

カーペットをクリーニングするには、いくつかの方法があります。 自宅に来てカーペットをクリーニングしてくれる会社もあれば、カーペットを直接お店に持って行って、クリーニングしてもらい、それを取りに行くという会社もあります。

いずれにしても、上記の方法を理解しておけば、状況に応じて柔軟に選択することができます。 時間があるときに掃除をすることで、プロの清掃業者に依頼する期間を長くすることができ、コストを抑えることができます。

難しいように聞こえることもありますが、実際にやってみると、思ったほど難しくはありません。

(翻訳・里見雨禾)