13歳少年が親の同意無しでワクチン打たれた
ファクト・マター
ファクト・マター
ローマン・バルマコフ

前回の動画で話したように、米食品医薬品局(FDA)は11月15日、連邦判事に対し、ファイザー社とバイオンテック社が共同開発した新型コロナウイルス・ワクチンの承認について、関連する保有文書をすべて公開するには、2076年までの期間を与えるよう求めました。そして、その話には新たな進展がありました。

12月7日、FDAは同じ判事に、ファイザー・ワクチンの承認に関するすべての文書を公開するには75年必要であると言いました。つまり、判事がこの要求を実際に承認した場合、私たちは2096年まですべての文書を見ることができないかもしれません。もちろん、それらの文書を見るのは私たちではなく、おそらくその時点で「47回目のブースター・ショット」を受けている私たちの孫になるでしょう。

関連動画