推定680万ドルの希少な巨大ブラックダイヤモンドが展示

コメント

1月17日、アラブ首長国連邦のドバイで、世界最大カットブラックダイヤモンドが初めて公開されました。 エニグマと名付けられたこの希少なブラックダイヤモンドは、555.55カラットで、少なくとも680万米ドル(約7億7千万円)の値がつくと推定されています。

このブラックダイヤモンドの「エニグマ」は、2006年に「世界最大のカットダイヤモンド」としてギネスワールドレコードに記録されました。

サザビーズのジュエリー専門家、ソフィー・スティーブンス氏によると、ブラックダイヤモンドは約26億年前に隕石または小惑星が地球に衝突してできたものだといいます。 専門家が原石を55のファセットにカットしました。 スティーブンス氏は、ダイヤモンドにとって「5」という数字は重要な意味を持つといいます。

ブラックダイヤモンドは、1月17日から20日までドバイ国際金融センター(DIFC)で展示された後、1月24日から26日までロサンゼルス、2月2日から9日まではロンドンで展示される予定です。

その後、2月3日から7日間、オンライン・オークションが開催され、サザビーズは支払い方法として暗号通貨を受け入れるとしています。

(680万米ドルの値がつくとされるブラックダイヤモンドの映像はこちら

 

(翻訳・井田千景)