アルバータ州観光15  カナダ・マリーンキャニオンでのアイスハイク

コメント

カナディアンロッキーでは毎年氷雪の祭典が開催され、レイクルイーズの氷像やバンフの雪像が多くの観光客を魅了していますが、ロッキーにはマリーン渓谷という天然の氷の奇観があります。

冬の風物詩

マリーンキャニオンは、ジャスパー国立公園にある世界的に有名な観光スポットで、エメラルドグリーンの水と波打つ滝が魅力的な場所です。マリーンキャニオンは細長い渓谷で、地下の川の流れが細くなる冬には、渓谷の底に行って自然の魔法を体験することができます。

アイスウォークは冬の風物詩で、12月から3月にかけて渓谷は多くの観光客で賑わいます。コロナはロッキー山脈の観光に打撃を与えましたが、旅行者にとっては、ホテルやガイド付きアイスウォークを事前に予約する必要がなく、本当にいつでも旅ができるようになったというメリットもあります。

氷の世界

カルガリーからジャスパーの町までは、「世界で最も美しい道のひとつ」と評されるアイスフィールド・パークウェイ(国道93号線)を通って約400kmの道のりです。冬には多くの雪が降りますが、道路は時間内に整備され、ほとんどの場合、良好な状態です。

バンフからキャスパーにかけては雪と氷の世界です。松の枝には厚い雪が積もり、雪をかぶった山々は太陽の光を受けて輝き、かつてエメラルド色だった湖は凍ってしまいました。アイスフィールド・パークウェイを車で走ると、まるで『アナと雪の女王』のおとぎ話の世界に入り込んだようです。
 

氷と雪の世界。 (Sunny/The Epoch Times)

 

雪をかぶった山々がきらきらと輝いている。 (Sunny/The Epoch Times)

スノージャケット、スノーパンツ、スノーシューズ、ヘルメット、スパイク、ストック、グローブがあれば、自分たちでマリーン渓谷のハイキングに行くことができます。

初めて行く人は、ツアーに参加すると、ガイドがホテルまで迎えに来てくれて、必要な道具もすべて渡してくれます。駐車場から遊歩道を歩いて6番目の橋の下の石段まで行くと、マリーン渓谷の底が見えてきます。

フローズン・イン・タイム

マリーン渓谷の麓に立つと、そこには見たこともない、普通の人が体験できない、現実を超越したワンダーランドが広がっています。何千年もの間、巨大な石壁は川によって滑らかに細かく磨かれ、そこから垂れ下がる氷柱は水流の形に固まり、氷瀑は音もなく姿を現しています。

細身の人が這うようにして、やっと通れる不思議なトンネル。巨大な音管は山の神様の楽器。岩の流れるような質感と、鍾乳石のようにぶら下がった不思議な形の氷とで、まるで神秘的な神殿にいるような二重の楽しみがあります。 

ここでは、山が凍り、水が凍り、何百万年という時間が流れ、荒々しい風が吹き、パイプオルガンのハーモニーを奏でているのです。

3時間のツアーでは、時空を超えて氷のワンダーランドへ行き、透き通った夢のような感覚を体験することができます。
 

アイスフォール (Sunny/The Epoch Times)

 

オーバーハングしたアイスベル。 (Sunny/The Epoch Times)

 

水が氷の中に流れ込む。(Sunny/The Epoch Times) 

(翻訳・里見雨禾)