世界中のピラミッド(46)メキシコ トゥルム遺跡

コメント

トゥルム遺跡

トゥルム(Tulum)遺跡はマヤ文明末期に栄えた城壁都市の遺跡で、カリブ海に面したユカタン半島東海岸の高さ12メートルの崖の上に位置しています。

スペイン語では、「トゥルム」の「トゥ(Tu)」は「石」、「ルム(lum)」は「壁」という意味で、合わせて「石壁」になります。そして、この遺跡は、海を除いた3つの方位は厚さ約5メートルの石の壁に囲まれているのです。

トゥルムは10世紀頃に建設し始め、12~14世紀に最盛期を迎え、14世紀におけるマヤ文明末期の重要な都市の一つでした。都市には祭祀用の神殿や貴族たちの住む宮殿が建てられ、上層の貴族や神職者たちは城内、一般市民は城外で生活していたといいます。

1519年、スペイン人がメキシコに侵入してきた時、トゥルムも占領され、そして、16世紀末の頃、マヤの人々はトゥルムを捨てて逃げ去りました。

現在、保存状況が良好な建物は60以上あり、最も大きな建築物は中央神殿のエルカスティージョ(El Castillo)ですが、降臨する神の神殿(Templo del Dios Descendente)とフレスコ画の神殿(Temple of the Frescos)も主要観光場所となっています。

クエルナバカ:ソチカルコの考古遺跡地帯

クエルナバカ(Cuernavaca)の南西の丘の頂上にソチカルコの大ピラミッドがあり、丘の斜面に沿って建てられています。

遺跡の中から大量の人間の骨と黒曜石の刃物が発掘されたため、かつて、生きた人間を生贄としていたことが推測されます。

(つづく)

――正見ネットより転載
(作者・意文/翻訳編集・天野秀)