まるで犬?!超巨大ねこちゃんがネットで話題

コメント

ロシアに住むメインクーン種のちゃんは、あまりに大きいのでと間違われるそうです。

体重12.5kgの特大猫、ケフィアは、ロシアの小さな町、スタリー・オスコルに住むユリア・ミニーナさんの飼い猫です。

2歳弱のケフィアは、すでに平均的な体重を超えており、3~4歳くらいまでは大きくなる一方だと思われます。

(本当に猫?超巨大猫の画像はこちらをクリック)

メトロニュースによると、ユリアさんは、ケフィアの雪のような白い毛並みに一目惚れして、ブリーダーから購入したといいます。ケフィアという名前は乳飲料からとったようです。

ユリアさんによると、ケフィアはドライフードを拒んだので、肉と自然食を与えていたといいます。

ユリアさんが初めてケフィアに会ったとき、彼女はここまで大きくなるとは思ってもみませんでした。

「外見が大きいだけでなく、とても聡明で、いつも穏やかに振る舞っているわ」

ユリアさんはケフィアの性格を次のように語ります。「まるで人間のように、ケフィアは堂々としているけど、とても愛情深く、謙虚な子よ」

家族や友人、ネットユーザーからは犬と間違われることもありますが、写真の中でのケフィアの抱っこされている様子からも、甘えん坊の優しい猫であることがわかります。

ユリアさんは、「彼は進んで人に撫でてもらうのよ」と言います。

ケフィアは自分が大きくなったことに気づいておらず、ユリアさんは少し困っています。
「私の上に乗って寝る癖がある。子猫の頃は何の不自由もなかったけど、今では大きく、重くなり、やっぱり寝苦しいわね」とユリアさんはいいます。

彼女はケフィアがこれからますます大きくなると確信しています。

ユリアさんはケフィアとの生活をSNSで投稿しているため、本当にそんなに大きいのかとよく質問されますが、彼女はその質問には「画像加工ソフトのフォトショップは使っていない」と答えています。

(翻訳・井田千景)