台湾のど真ん中 埔里(3)緑あふれるグランピング場でBBQ お腹いっぱいの贅沢アウトドア体験

コメント

埔里の街中のスイーツ工房を訪れた後、私たちは沢山のスイーツを抱え、次の場所へ行きました。

車を走らせて10分ほど、広大なグランピング施設のある園地にやって来ました。私たちを迎えてくれたのはこのグランピング場のあふれんばかりの緑です。緑でいっぱいの園内にシートを敷き、先ほど店主さんが心を込めて作ってくれたケーキを皆で楽しみながら、のんびりして午後を過ごしました。

超楽しいグランピング体験の動画はこちらから(11:16〜22:35)

園内には、グランピングの必需品を備えたテントが並べて張られています。常設のグランピングのテントの中に入ると、ダブルベッドが2つあり、広くつくられていて雰囲気も豪華です。その他、トンネルのようなデザインのロッジもあり、どちらも心地よさそうです。自力で張るテントを選ぶこともできますね。機能や形状も様々です。

日が暮れて、暖かそうな光のライトが点灯されると、園内の雰囲気がお昼とは全く違って来ました。調理の火を囲んで話す人たちがいて、明るい笑い声も聞こえて来ます。バーベキューの食材は園が用意してくれます。

アウトドアでスタッフと一緒に食材を焼いたり、しゃべりながら食べたりすることができて、最高の体験でした。火を使ったアクティビティを行うのはキャンプを楽しむ際の醍醐味の一つです。こちらには恋人や仲間同士、家族連れが訪れています。

自然と触れ合いながら、夜はバーベキュー。翌日寝坊しても、園内で準備した朝食が食べられます。豪華なテントやロッジに宿泊することができて、幸せいっぱい、お腹いっぱいのコースになりますね。

キャンプの焚き火のそばで、星を見上げ、打ち明け話をしたり、線香花火をしたりして、いろいろな記憶を呼び起こしてくれる体験でした。

台湾本島の真ん中の景色を楽しみながら、リーズナブルなパラグライダー体験をしてみませんか。閑静な街中の店で、特色のあるスイートを味わってみませんか。また手ぶらでグランピング場に行って、思う存分に大自然の良さを楽しむこともできます。今回、私たちが経験した埔里の旅がよかったら「いいね!」を押してくださいね。そして、ぜひ、台湾の中心の埔里の町に来てください。

――新唐人亜太テレビ局ネットより転載

(翻訳編集・蘇燕)