10人の子供が天才児に? ハーディング夫妻のユニークな教育方法

コメント

これは、アメリカ・アラバマ州に住む家族の物語です。夫婦で10人の子供を持ち、全員が不就学で家庭教育を受けています。10人の子供たちはいずれも、12歳には高校程度の学業を終了させ、現在、10人それぞれがそれぞれの専門分野で活躍しています。

キップとモナリザ・ハーディングという夫婦は 、高校時代から愛を育んできて、今53歳です。ハーディング夫婦は、「神の望むことをすれば、神が助けてくれる」という理念で子供たちを教育しました。11歳から34歳までの子どもたちは、この理念に従って勉強や仕事に取り組み、目覚ましい成果を上げています。

ハーディング夫婦と10人の子供たちの写真はこちらから

エリートたちの紹介

34歳のハンナさんは、現在、数学の輔導員として働いています。 オーバーン大学モンゴメリー校(AUM)の最年少卒業生として、17歳で数学の学士号を取得しました。

32歳のロザンナさんはニューヨークの建築家で、2013年にアメリカ建築家協会の最年少会員になりました。

31歳のセレンナさんは現在、ワシントンD.C.に勤務・在住しています。22歳で最年少の海軍軍医になりました。

26歳のヒースさんは、現在フロリダでコンピュータの仕事をしています。トロイ大学の最年少の卒業生として、17歳でコンピューター学士号を取得しました。

23歳のキースさんは、アメリカ手話通訳者で、カウンセリングの学位を持ち、ワシントンD.C.に住んでいます。また、15歳の時にフォークナー大学で音楽の学位を取得しました。

21歳のセスさんは、現在、アラバマ州モンゴメリーで弁護士をしています。19歳で州内最年少の弁護士となり、新記録を打ち立てました。

18歳のカトリーナさんは2022年7月に司法試験を受ける予定で、合格すれば兄の記録を更新し、州内最年少の弁護士となる予定です。 現在、夫とアラバマ州モンゴメリーに在住します。

16歳のマリアンナーさんは、オーバーン大学の健康学専攻で最年少の大学院生の一人です。現在はさらに大学院で園芸学を専攻しています。

14歳のロリーナさんは2022年にベルビュー大学の3年生になり、11歳の弟のサンダー・ジェイムズさんは同大学の1年生になる予定です。 兄妹はともに学院では最年少の学生のです。

自宅で教育されたのがありがたい

多くの人々は、子供たちがその若さで成果を上げるのは、遺伝的に「賢い」からだと考えています。しかし、モナリザは、事実上、誰でも自分のやっていることを実現できると信じています。

「このような結果を出すには、かなりの努力が必要です。私たちの子供は、他人の子供より賢いわけではありません。自宅で教育できたのはとてもありがたいことで、もしやってみたいという方がいらっしゃれば、ぜひサポートさせていただきたいと思います」とモナリザは『大紀元時報』に語りました。

ハーディング夫妻のホームスクーリングは、一番上の子供が小学3年生を終えたばかりの1998年に始まりました。専業主婦としてのモナリザはこう言います。 「子供たちをホームスクールにした最大の理由は、子供たちにとても会いたいからです。学校にいる時間が長くて、そして宿題を持ち帰らなければならないので、一緒に過ごす時間が減ってしまうのです。また、私たちは、子供たちを教育するのは親の責任だと考えています」

子供たちの日々の主な学習分野は、聖書、算数、作文、読書(科学、歴史、その他興味のある分野を含む)です。ハーディング夫婦は指導者として、より自由の環境を提供し、子供たちが自分の興味ある分野を追求させ、勉強の場所も選ぶ自由を与えています。

「机でも、ベッドでも、ソファでも子供たちの学習する場所になれます。そして、興味のあることに、より多くの時間を割くことができます。そのため、まるで『学校に行っていない』かのような、とてもリラックスした気分になっています」とモナリザは言いました。そこで、親は子供が8歳か9歳になるごろ、アメリカの大学を受験するための統一試験のSATやACTの受験準備を始めます。

子供たちが成長していく姿を見るのは嬉しいですが、その過程に挑戦もあるとモナリザは言います。その中、最大の課題は、子供たちの後方支援です。例えば、上の子を大学まで送るか、下の子4人をホームスクーリングにするか、選択を迫られた場合もあります。

モナリザは子供たちがリュックを背負って旅する様子を語ってくれました。バンの中、大学の図書館、待合室、歩道など、どんな場所でも学びの場になりうるのです。つまり、子供たちは「学びながら旅する」

その後、モナリザが忙しくなると、上の子たちが弟妹の面倒を見ました。

いろいろな挑戦があっても、ホームスクーリングは学校教育よりも効果的だとモナリザは考えています。「子供の興味に合わせた指導ができるので、無駄なことに時間を割かず、場合によって要らない部分は飛ばします。ですから、同じ時間でも学校より家庭の方がより多くのことを学べるのです。また、ホームスクーリングには、子供の弱点に特に配慮できるという利点もあります。そして、教科によって、異なる学年の複数の子供たちに同時に教えることも可能です」と彼女は話しました。

ホームスクーリングは効率が良いだけでなく、子供との時間を大切にすることができる、とモナリザは感じています。子供たちが数学の理論について興奮気味に話したり、バイキングの歴史について語り合ったり、ピアノで新しい曲を弾いたりするのを見て、子供と一緒に過ごす時間を楽しむことができます。

ハーディングの子供たちの多くの才能やギフトが発展していくのは、両親の愛情に満ちたサポート、模範、指導によるところが少なくありません。

モナリザの教育理念は、聖書から由来するといいます。彼らは、学習とは本から知識を学ぶことだけでなく、サイクリングや行列、病院の予約待ちなど、生活の中のささいなことも重要だと考えています。

「夫は自ら率先して範を示し、子供たちには「仕事が先、遊びは後」と教えています。子供たちは毎日起きてから、自分で家事をします。それで先ずは聖書を一緒に勉強し、その後は自分のペースで自由に読み書きや数学の勉強をします」とモナリザは言いました。

 

子供たちのチアリーダー

子供たちのほとんどが学生ローンを利用していたにもかかわらず、ハーディング夫婦は必要な時に経済的な支援をしてくれます。「できるだけ早く返済してほしいです」とモナリザは言いました。

「子供たちと一緒に、楽しいことを笑いあい、苦しいことも共に分かち合っています。彼らが成功した時、私たちは喜び、失敗した時、私たちは祈ります。この家族がいるからこそ、私たちは頑張れるのです」とモナリザは言いました。

彼らは、『学校に通わず12歳までに6人が大学に入ったハーディング家の子育て』という本の中で、在宅教育の方法について紹介しています。YouTubeチャンネル「College by Twelve」も立ち上げ、その経歴を記録しています。ホームスクーリングに関心を持つ親御さんへの8つの基本的な提案は以下の通りです。

1. 子供が興味を持つことを学ばせましょう。 
2. 子供がつまらないと思うことは、飛ばしてもいいように。 
3. できるだけ学ぶことをもっと楽しくしましょう。 
4. 子供自身の興味に時間と資源を割きましょう。 
5. 飛び級を恐れないようにする。 
6. もし、お子様が「お医者さんになりたい」「弁護士になりたい」などと言ったら、真剣に受け入れましょう。後で気が変わっても問題ありません。大人でもキャリアは変わるものです。 
7. 良い指導者を探し、希望する職業分野のリサーチをサポートする。若いといっても見下さないように。 
8. 最後に、楽しんで学ぶことに力を入れましょう。もしそうではない場合は、やり方が間違っているかもしれません。

(翻訳:阮修筠)