体験者は語る上海隔離施設の13日間、「まるで家畜の扱い」
拍案驚奇
拍案驚奇

3週間続いた上海ロックダウンで市民の不満は限界に達しています。
赤ちゃんも含め、一部の人たちはすでに感染から回復し、PCR検査でも「陰性」判定を受けたにも関わらず、融通のきかない当局によって無理やりに、環境が極めて劣悪な臨時隔離施設へと放り込まれています。
20代の女性である程さんは、自身が経験した臨時隔離施設での13日間を長い文章で綴っています。彼女はその体験を「まるで家畜の扱い」と形容しています

関連動画