【Facts Matter】米疾病予防管理センター職員数百人がワクチン未接種だった
ファクト・マター
ファクト・マター
ローマン・バルマコフ

我々「エポック・タイムズ」は、不服を申し立てたところ、4月27日に、CDCはようやく応じ、何百人もの職員が新型コロナウイルス・ワクチンを受けていないことを示すデータを渡してくれたのです。
具体的には、CDCの情報公開法担当者は、CDCの合計382人の職員がワクチン未接種であり、さらに9人の職員がmRNAワクチンを1回しか受けていないことを教えてくれました。つまり、CDCの定義によると、彼らは「完全なワクチン接種」を受けたとは言えないということです。参考までに、この人数は、CDCの全従業員の約3.2%に相当します。

関連動画