【Facts Matter】サル痘発生の数カ月前、武漢研究所で行われた危険な研究
ファクト・マター
ファクト・マター
ローマン・バルマコフ

ここは悪名高い武漢ウイルス研究所です。武漢の生鮮市場のすぐ近くにあり、新型コロナウイルスの最初の感染者が発見された場所です。米メディア「The National Pulse」のナタリー・ウィンタース記者の独占リポートによれば、武漢ウイルス研究所はサル痘ウイルスのゲノムを組み立て、PCR検査でウイルスを特定しました。しかし、中国ではサル痘が発生したことがないため、彼らはウイルスの異なる断片を組み合わせて作るという方法を使ったのです。研究者たちは、この方法は伝染性の病原体を作り出す可能性があると指摘しています。

関連動画