すでにシミュレーション済み?「サル痘」の感染急増
時事ノイズカット
時事ノイズカット
金丸真弥

動物由来のウィルス感染症・サル痘の患者が、最近欧米や中東で急増しています。
発熱や頭痛などの症状とともに体に発疹ができるこのサル痘は、これまでアフリカ諸国で流行が報告されてきました。
WHOの報告によれば、欧米などの非流行国で感染が報告されるのは「極めて異常」とのことです。
今月8日時点で、WHOのテドロス事務局長は29か国で1000人以上の感染が確認されたと発表しました。
日本ではまだ感染者は発見されていませんが、政府は警戒を強めています。
なぜ今、サル痘の感染が急速に広まっているのでしょうか。

(1)感染急増の背景に男性同性愛者の性的接触か?

(2)サル痘ウイルス流行はすでにシミュレーション済み?

 

関連動画